So-net無料ブログ作成

正体見たり [公安警察の本当の手口]


                                         正体見たり

公安警察の町内会をベースにした、監視活動と称する協力者たちによる「嫌がらせ」は執拗で陰湿である。ターゲットだけにしかわからず刑事事件にしづらいような巧妙さで仕掛けてくるがその実態と意味を知れば誰もが驚くはずである。公安警察は嘘でたらめを言って大量の人員を動員し、出先などで大勢の協力者を配置して行われるストーカー行為にも仰天するはずである。これが私の被害妄想なら病気である。しかし札幌市の私の身辺で行われている厳然とした事実である。

参考に引用した日本共産党を対象にした刑事事件の場合のようなまぬけな公安警察の活動はあまりにもまぬけすぎて本当のところはどうなのか私も正直疑っている。
彼らは特殊な立場にあり仮に免職になっても単純に失職はしない。次の公的任務が待っているのである。
私の友人の会社にも元道警公安課の刑事が私の知る限り二人就職している。彼は「公安を自分が採用した」と胸を張って言っていた。それはそうだろう。
強固な守秘義務のある公安が本当の目的を言って入り込むはずはない。最初は絶対に疑われないように通常の手順を踏んで就職するはずである。会社の性質上筋の悪いのも相手にするだろうから警察のOBが必要なのはわかる。公安よりも元「マル」のほうが適切だと思うのだが警察ならだれでもいいのかもしれない。しかしよりによって公安とは・・・・。

6年ぐらい前の話で絶縁したのは直接にこの件とは関係ないし、当時私から友人を疑ったことは全くなかった。
権力志向のこの男には何を言っても無駄なので私の方から切ったのだが、この手の人間はデマやでっち上げで巧妙に仕掛けて陥れる手口をまったく知らず、疑うこともしない。
それが「工作活動」の一つであることを現実感をもって考えることすらしない。
この男の耳に入る私に関する権力組織側の一方的な情報を冷静に客観的に分析すれば違う判断もあるのだがもはや不可能である。
私がどれほど酷いことことをされ続けてきたかこの男の想像を超えているだろう。
そもそも人間には信頼できない友人など必要ないし「友人」は要らない。


しつこく誘ってくるが、はらわたが煮えくり返っていてもあえて無視することがせめてもの私の「温情」であることを彼は気付くこともない。
私は彼のように、友人に対して上から目線で接したことは一度もない。すべて対等か相手を尊重し譲歩する立場である。

協力者に成り下がったこの勘違い人間に会うことは二度とない。もはや「死」に際してもお互い感知することもない。
縁を切ったのは私からだが、この道を選択したのは元友人である。
そして本当の真実にもとづいて最後の審判を下すのは「神」であることをこの人間は知る由もない。

小林多喜二は言った。
『困難な情勢になってはじめて誰が敵か、誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ。』

公安の活動は人の心の中にまで土足で入り込む。
そして関係者を巻き込み、陥れて大事なもの、大切なものもすべて破壊する。これが公安警察の本当の手口である。

私は日本共産党の思想を全面的に支持をしているわけではないが参考としてこういうのもある。
「警備公安警察の違法な警察活動の実態解明を求める決議」―自由法曹団

http://www.jlaf.jp/ketugi/98/ket_981026_3.html

警告


この記事をあなたのブログにリンクさせることを禁じる。
私の他の一部の記事だけをリンクさせているブログは悪意のある
公安の協力者か創価関係者の自演偽被害者ブログである。   


私のブログを基にねつ造、改悪している「pdf」ファイルは私のブログとは一切関係ありません。
悪意のある公安関係者協力者が作成したものです。
「ココログ」、「Sonet」のブログが今現在の私の公式なブログです。

検索をしても私の肝心な記事が最初のほうに出てこないように小細工もされています。pdf」ファイルも私のブログよりも先に見つかるように細工されています。
私のブログ自体も巧妙にブロックされています。

悪意のあるpdfねつ造修正記事」
http://www.mk2010.net/img/Koan/KOAN3/Koan3.pdf
http://www.mk2010.net/img/Koan/Koan1.pdf

http://forum21.jp/back.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0