So-net無料ブログ作成
検索選択
前の25件 | -

ゲスの極み公安 [公安警察のストーカー活動]


                    ゲスの極み公安

サーティワンで飲みもしないジョッキのビールを置いて会話もせずにずっとスマホをいじっているバカ捜査員二人。
もう10分も経ってるからぬるくて飲めないだろ。勤務時間中だからな、飲めないよな。
おい公安捜査員の脳ミソもぬるくなってるぞ。
危険人物にでっち上げて35年以上も付きまとっている「税金無駄遣いゲスの極み公安課部隊」。

ぬるいビールを前に会話も弾まず、一言もしゃべらず10分以上スマホをタッチしているオヤジのカップルを初めて見たぞ。なまらバレバレでないかい。

DVC00005.JPG
2016・3・29 11:38 



私のブログを基にねつ造、改悪している「
pdf」ファイルは私のブログとは一切関係ありません。
悪意のある公安関係者協力者が作成したものです。
「ココログ」、「Sonet」のブログが今現在の私の公式なブログです。

検索をしても私の肝心な記事が最初のほうに出てこないように小細工もされています。pdf」ファイルも私のブログよりも先に見つかるように細工されています。
私のブログ自体も巧妙にブロックされています。

悪意のあるpdfねつ造修正記事」
http://www.mk2010.net/img/Koan/KOAN3/Koan3.pdf


http://www.mk2010.net/img/Koan/Koan1.pdf

          

               警告

私の他の一部の記事だけをリンクさせているブログは悪意のある
公安の協力者か創価関係者の自演偽被害者ブログである。   
特に札幌のお前のことだ。元職員お前だ、なめたことするなよ。


http://forum21.jp/back.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

正体見たり [公安警察の本当の手口]


                                         正体見たり

公安警察の町内会をベースにした、監視活動と称する協力者たちによる「嫌がらせ」は執拗で陰湿である。ターゲットだけにしかわからず刑事事件にしづらいような巧妙さで仕掛けてくるがその実態と意味を知れば誰もが驚くはずである。公安警察は嘘でたらめを言って大量の人員を動員し、出先などで大勢の協力者を配置して行われるストーカー行為にも仰天するはずである。これが私の被害妄想なら病気である。しかし札幌市の私の身辺で行われている厳然とした事実である。

参考に引用した日本共産党を対象にした刑事事件の場合のようなまぬけな公安警察の活動はあまりにもまぬけすぎて本当のところはどうなのか私も正直疑っている。
彼らは特殊な立場にあり仮に免職になっても単純に失職はしない。次の公的任務が待っているのである。
私の友人の会社にも元道警公安課の刑事が私の知る限り二人就職している。彼は「公安を自分が採用した」と胸を張って言っていた。それはそうだろう。
強固な守秘義務のある公安が本当の目的を言って入り込むはずはない。最初は絶対に疑われないように通常の手順を踏んで就職するはずである。会社の性質上筋の悪いのも相手にするだろうから警察のOBが必要なのはわかる。公安よりも元「マル」のほうが適切だと思うのだが警察ならだれでもいいのかもしれない。しかしよりによって公安とは・・・・。

6年ぐらい前の話で絶縁したのは直接にこの件とは関係ないし、当時私から友人を疑ったことは全くなかった。
権力志向のこの男には何を言っても無駄なので私の方から切ったのだが、この手の人間はデマやでっち上げで巧妙に仕掛けて陥れる手口をまったく知らず、疑うこともしない。
それが「工作活動」の一つであることを現実感をもって考えることすらしない。
この男の耳に入る私に関する権力組織側の一方的な情報を冷静に客観的に分析すれば違う判断もあるのだがもはや不可能である。

しつこく誘ってくるが、はらわたが煮えくり返っていてもあえて無視することがせめてもの私の「温情」であることを彼は気付くこともない。
私は彼のように、友人に対して上から目線で接したことは一度もない。すべて対等か相手を尊重し譲歩する立場である。

協力者に成り下がったこの勘違い人間に会うことは二度とない。もはや「死」に際してもお互い感知することもない。
縁を切ったのは私からだが、この道を選択したのは元友人である。
そして本当の真実にもとづいて最後の審判を下すのは「神」であることをこの人間は知る由もない。

小林多喜二は言った。
『困難な情勢になってはじめて誰が敵か、誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ。』

公安の活動は人の心の中にまで土足で入り込む。
そして関係者を巻き込み、陥れて大事なもの、大切なものもすべて破壊する。これが公安警察の本当の手口である。

私は日本共産党の思想を全面的に支持をしているわけではないが参考としてこういうのもある。
「警備公安警察の違法な警察活動の実態解明を求める決議」―自由法曹団

http://www.jlaf.jp/ketugi/98/ket_981026_3.html

警告


この記事をあなたのブログにリンクさせることを禁じる。
私の他の一部の記事だけをリンクさせているブログは悪意のある
公安の協力者か創価関係者の自演偽被害者ブログである。   


私のブログを基にねつ造、改悪している「pdf」ファイルは私のブログとは一切関係ありません。
悪意のある公安関係者協力者が作成したものです。
「ココログ」、「Sonet」のブログが今現在の私の公式なブログです。

検索をしても私の肝心な記事が最初のほうに出てこないように小細工もされています。pdf」ファイルも私のブログよりも先に見つかるように細工されています。
私のブログ自体も巧妙にブロックされています。

悪意のあるpdfねつ造修正記事」
http://www.mk2010.net/img/Koan/KOAN3/Koan3.pdf
http://www.mk2010.net/img/Koan/Koan1.pdf

http://forum21.jp/back.html

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

妨害工作 [公安警察の本当の手口]




               妨害工作

私のブログを基にねつ造、改悪している「pdf」は私のブログとは一切関係ありません。
悪意のある公安関係者協力者が作成したものです。
「ココログ」、「Sonet」のブログが今現在の私の公式なブログです。

検索をしても私の肝心な記事が最初のほうに出てこないように小細工もされています。pdf」ファイルも私のブログよりも先に見つかるように細工されています。
私のブログ自体も巧妙にブロックされています。

悪意のあるpdfねつ造修正記事」
http://www.mk2010.net/img/Koan/KOAN3/Koan3.pdf
http://www.mk2010.net/img/Koan/Koan1.pdf


http://forum21.jp/contents/05-10-15.html

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スピリチュアル 2



「石巻市や気仙沼市で多く見られるという幽霊現象。
実際にタクシーに乗せたという経験を持つドライバーに直接インタビューを行った。
彼らは乗車させただけでなく、会話もしている。
初夏に厚いコートを着て乗り込み、いつの間にか消えてしまう。乗車記録が残り未収金となる。

若い人が多いのも特徴のようだ。ドライバーたちは怖がるわけではなく、その存在を受け入れる。
古くから日本人がしてきたことと同じだ。」

               『呼び覚まされる霊性の震災学』




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本当にあった怖い話 [雑記]




2015/2/19の予算委員会で「日教組はどうするんだ?」。安倍ちゃんが思わず言ってしまった。
解る人にはわかっている教育界を事実上牛耳っている極めて政治的な権力団体のことである。右寄り、左寄りの話ではない。
この発言は、日教組は補助金をもらっていなかったので結局総理の勘違いなのだが、時の総理大臣が思わず野次ってしまうほど胡散臭い権力団体なのである。

拉致を盛んに行っていた1970年代当時の朝鮮労働党と社会党はズブズブの友党である。教職員組合が熱烈に支持した旧社会党、民主党(社会党の残党)、社民党(旧社会党)の国会議員はこの件に関して誰も責任を感じることもなく黙して語らず、いまだに生き延びているのである。

この時代中国や北朝鮮の「子供たちの笑顔」を絶賛し、さりげなく社会主義の良さを私に説き、フロイトのマニュアル通りの精神分析とマニュアル通りの結論を上から目線で私に説いていた教師は今校長をやっている。
教育者を否定することはできないが教育者の別の一面も国民は知っておくべきである。

野党によると安保法案は戦争法案だそうである。
「教え子を再び戦場へ送るな」当たり前のことである。誰もが皆そう思っている。
戦争反対のスローガンは北朝鮮と中国に向かって言うべきことでこの国がどういう国か。今何をやり、将来何を目指しているかを冷静に考えればどちらが問題なのかは誰でもわかることである。

下着泥が復興大臣をやり続けているふざけた内閣ではあるが、民主党政権時代や自民党の歴代アホ政権に比べれば安倍ちゃんはよくやっているほうである。



校長がフィリピンで買春…被害者は12660人、14万枚の写真が見つかる。http://matome.naver.jp/odai/2142851772367548701
横浜市の中学校元校長(64)逮捕

http://girlschannel.net/topics/338695/

ロリコン逮捕の元校長 女生徒に“人気薄”の担任時代〈週刊朝日〉

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150415/asahi_20150415_0003.html

https://www.youtube.com/watch?v=DdaTEg0ONb8

教師の不祥事の関連ニュース

http://news.yahoo.co.jp/related_newslist/teacher_scandal/

男は皆想像はする。しかし実行はしないだろう。羨ましいぞ性職者よ。http://ceron.jp/url/www.sankei.com/affairs/news/151021/afr1510210010-n1.html

男子児童を裸にして撮影
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2643805.html


一度に教諭4人
免職
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151022-00010001-chibatopi-l12



土井たかこ氏の訃報に対して

http://news.livedoor.com/article/detail/9302597/

マスコミが報道しない土井たかこ

http://matome.naver.jp/odai/2141194784393342701



http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2010/06/post-d972.html


http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1076.html


■北海道教職員組合(北教組)とは

* 

■自民党・義家弘介議員が語る北教組の恐るべき実態

■北教組教育をうけた2ちゃんねらーの書き込み

■小林千代美議員(民主党)の評価

■北教組のアイドル:横路孝弘の正体

■日の丸大嫌い、竹島は韓国領!?“北教組”トンデモ実態


竹島の領有権は「韓国側の主張が正当だ」と主張


北教組・日高支部が「国旗国歌排除マニュアル」を作成・配布

うがい・AED…「何でも反対」北教組中央委(ソース)

北教組逆ギレ?国会追及の議員を呼び捨て批判 日高支部内で文書配布

■北教組の深い闇 学校を支配する諸悪の根源「46協定」とは

■割れたコップに水を注ぐ行為

* 

■結局は組合の財源

■組合天国の学校

■諸悪の根源46協定

■際限なき拡大解釈

* * 

■日教組をつくったのが北教組で、北教組をつくったのが小樽教組





警官強姦
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201511/CK2015112602000257.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000040-nksports-soci

http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20160619/3283161.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000014-wordleaf-soci

                

                            
つづく



http://forum21.jp/contents/05-10-15.html
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『 Mosquito 1 』 [公安警察のストーカー活動]



                     『   Mosquito 1 』

    

「超音波」は通常は人間の耳では聴こえないことになっている。正確にはある周波数以上の「高周波」である。30年以上前なら「超音波」が私だけに照射され聴こえて「苦しめられている」と言ったならば、その瞬間から「キチガイ」と禁止用語で呼ばれるのである。

公安による組織的なストーカー活動は私の場合は1978年頃から始まっている。「高周波音」による「いやがらせ」もその3年後ぐらいに始まったのだが「いやがらせ」というよりは「攻撃」といったほうが適切な表現なのかもしれない。

拷問のような感覚さえする「その攻撃」は公安が主導した組織的なストーカー活動の一環として補助する形で行われてきた。ターゲットに対しより大きなダメージを与えるために、また世間的に「病気」と思わせ、さらにそのことを決定的にするためにより効果のある方法として「偶然のストーカー行為」と並行して行われてきた。

「被害の症状」を口に出して言えば「病気」と断定されてしまうため当時はわけがわからず苦しんでいたが、ほとんど24時間体制で徹底的にやられていたのである。

寝不足や頭痛で体力を消耗され、頭が締め付けられて物事に集中できず、身近な協力者たちによる理不尽ないやがらせともいえるようなプレッシャーのなかで食欲も落とされ拒食症のようになり、さらには背中の脊髄あたりまで異常を感じ・・・・。

こういう風に書くとたとえば犯罪心理学のえらい専門家達は「被害者意識」あるいは「病気」がそうさせるのだとおっしゃるそうである。
話は単純だ。
私は厳然とした「被害の事実」を書いているのである。「被害妄想」や「意識」のレベルの話をしているのではない。

当時ときどき高音の金属音が現実に音として」聴こえていた。そして頭にヘッドフォンをつけたバカが意識付けのためか明らかに意図的に私の前に現れるので、高周波を使って攻撃していることはすぐに推察できたのである。
この状況、どこかで聞いた光景ではないか? 私が彼女の自殺に興味を持った理由である。】

しかしあの時(T高勤務当時)は、「高周波音」「超音波」で苦しめられているといっても誰も信じず、「精神の病気」として扱われるだけであったろう。わかっていても、それが真実だったとしてもまともに口に出して言うことはできない状況だったのである。

今も当時と状況は少しも変らず、国家権力を巧妙に利用している組織が「真実」を隠ぺいし、「嘘の事実」をさも正しいかのように主張している。
協力者たちは「自分たちは何もやっていない」と口裏を合わせ、追及されないように嘘を言うのであるが、バックが公安という最強の国家機関なので「堂々と胸を張って大嘘を言うわけである。

2014年の現在、「モスキート音」の存在とその利用法を否定できる人間はひとりもいない。厳然とした事実だからである。



公安によるハイテク機器の悪用説明するにあたって既に証明済みの「モスキート(Mosquito)」から始めるのがわかりやすいだろう。

公安が主導して35に亘って36524時間体制で私に執拗にまとわりついて何を行ってきたのか。そして公安がなぜ「犯罪組織」「人間のクズ組織」なのか理解できるはずである。



(次は「モスキート音」関連の引用文である)


十代の若者の反社会的行動を抑止する目的で作られたある装置が、若年層を「悪魔扱いしている」との理由で禁止される可能性が出てきた――街角の音響芸術向けに活路を見出す可能性は残されているのだが。

2006年に発売されたときにワイアード・ブログでもご紹介した(英文記事)この装置Mosquito』は、人が年を取るにつれ高い周波数の音が聞こえにくくなることを利用したもので、若者にしか聞こえない不快な音を流して、若者を寄せ付けないようにする。

 [製品のサイトなどによると、店舗前にたむろする若者を追い出すなどの目的に使われているもので、17.5kHzから18.5kHzを利用。主に25歳未満の若者層がターゲットで、彼らには1520メートル離れていても聞こえ、5分から10たつと耐えられなくなるという。タイマー付きの製品や、遠隔地から操作する製品などもある。]

25歳以下の方は、ここ(MP3ファイル)でその効果を体感してみるといい。なお、聞こえるかどうかで世代がわかるという携帯着信音をダウンロードできるサイトもある[60歳代まで聞こえる10khz18歳以下までしか聞こえない22khzなど各種の着信音がそろっている]

Mosquitoを開発したのは英Compound Security Systemsで、すでに世界各地で5000(当時)を販売しているという。

しかし、警察当局や街の商店主たちが、約1000ドルもするこの装置[発売時には495ポンド]の効果に感心している一方で、Mosquito[反社会的な行動をとる若者だけでなく、若者すべてを対象にすることから]若者たちの権利を侵害している、とする抗議活動も新たに起こっている。

例えば、英国の人権擁護団体Libertyは、「いったいどんな社会が、効果が弱いとはいえ音響兵器を、自分たちの子供に向けるのか」と問いかけている。[さらに公的機関もこの問題を取り上げ始めている。]

これに対しCompound Security Systems社は、Mosquitoの「ブザー音」は痛みを与えるわけではなく、相手を不快にさせる効果があるだけだと反論している[85デシベルで稼働しており、交通騒音よりもマイルドだという。また、商店主の連合も、禁止措置の動きに反論している]

[日本語版:ガリレオ-江藤千夏/合原弘子]

WIRED NEWS 原文(English)



  (重複するが関連サイトを引用する)


イギリスの企業 Compound Security Systems が、セキュリティーシステムとして2005から地元商店などに販売する。小型スピーカーから17キロヘルツという、非常に高周波数のブザー音が流れる。

高周波数の音は、年齢とともに徐々に聞こえ難くなるため、20後半以降の者には気にならない者が多い。しかし、聞こえる者にとっては、かなり耳障りである。ただし、高周波数の可聴範囲個人差が大きく若年層以上でモスキート音が聞こえるために、強く不快に感じる者もいる。

20095東京都足立区は自治体初の試みとして、区立北鹿浜公園に英国製の17.6kHzの不快音を3分毎に出す装置を1台設置し、20103月まで検証する。民間でも、新丸ビルの入口付近などで用いられる。 なお、迷惑行為をする若年層以上の者たちへの対策の問題や迷惑行為をする意思のない若年層も追い出す結果になるのではないかという問題も残る。

大人には聞こえにくいことを利用して、 携帯電話の着信音として用いる者もいる。「高周波の音声ファイル」を携帯電話にダウンロードできるソフトや、販売サイトもある。


17kHz程度の高周波音は20歳くらいまでの若者には「キーン」という耳障りな音に聞こえるが、年をとると聞こえにくくなる

イギリスのメーカーが商店にたむろする若者を追い払うためモスキート音を発生する装置を発売、それが話題となり、今度は逆に若者向けに「年配者には聞こえないケータイ着信音」が提供されたりしている。

17600ヘルツ最長40メートル離れても不快音が聞こえる。日本でも2007年始め頃より話題となった。
2008年、千葉県内の住宅街にあるコンビニが実験的に設置。
スイッチを押して2から3で入り口付近にたむろしていた少年らがいなくなるという。
2009年、東京都足立区の公園で設置し、公共施設での実験は全国初となる。

コンビニ店長の話

 「効果てきめんです。スイッチを押すと数分でいなくなります。」


警備会社の話

「毎年の大祭にて境内の正面玄関に若者が座り込み、参拝客がこわがって参拝できず、
神社側へのクレームになっていましたが、モスキートを使用後、座り込む若者も早い段 階で立ち去り、ルートもしっかり確保できた。」

                                                        引用終わり


モスキート」の場合3分おきに発信され、不快に感じたらその場を立ち去ればいい。では一人だけをターゲットにして住居や移動先で、たとえばほぼ毎日何時間もぶっ続けで聴かされた場合」はどうなるだろうか。

高周波は低周波と違い、指向性があり狭い範囲でターゲットをある程度絞ることが可能である。さらに、エネルギーを大きくして照射した場合はどうなるのだろう。
つまり通常は周りには聴こえない「音」をターゲットに対して「大音量」で流すとどうなるのかということである。

公安主導による超高周波音の悪用の実態をモスキートをわかりやすい例としてとりあげているだけであって「若者」限定で考える必要はない。
応用の仕方(周波数や音圧の加減等)で周りにばれにくいように、どうにでもできるはずである。

この機器のイギリス人開発者は子供のころ父親が働いていた工場で、自分にはとても耐えられないノイズが聞こえるのに大人に訴えても理解してもらえなかった経験からヒントを得たと語っている。

しかし「モスキート」発売25年以上も前既に札幌市北区新琴似のマンションK(今はもうない)というアパートの2階を拠点に周りを協力者で固めて一階の私に対して公安のチンピラがこのような「超音波音発生器機」を使用悪用している。
「慣れさせたり」「意識付け」によるトリックも駆使して可聴域ぎりぎりだが大きな音圧の「聴こえない音」で私を苦しめていたのである。



                          
                               2014-05-18 07:20:20

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『 Mosquito 2 』 [公安警察のストーカー活動]





                           『 Mosquito 2 』


高周波音、超音波音に関する興味深いブログとそのコメントを紹介しよう。


この「ブログの管理人さん」は超音波によるネズミ駆除機を扱っていた会社の社員だった方である。

自作自演による事実が入り混じった「集団ストーカー」サイトとはまったく関係のない

分野で偶然にも見つけたのだが、先入観や嘘など陰謀の感じられないない「率直なコメント」である。

この場合意図的に最初から人間をターゲットにしたわけではないのだが、「目に見えないモノによる悪用の手法を考える際に参考になるはずである。

一部変な部分もあるが全体として「超音波」の効果、影響がわかりやすく述べられている。

そもそもこんなことは音響工学の専門家たちが積極的に情報を発信しなければならないのだ

が「重要なことでも利用(悪用)している機関にとって都合の悪い技術知識」はなぜか積極

的に出てこないのである。「あえて情報発信しないようにして」巧妙に隠ぺいしていると私

は考えている。

モスキート音がイギリスで最初に発見されたかのような印象をうけるが事実はまったく違う。高周波音を利用した「Mosquito」という製品がイギリスで最初に発売されたというだけであって特に新しい発見でもない何でもない。

「モスキート」がイギリスで公開される25年以上も前から日本では公安が「高周波音」を既に悪用しているからである。
超音波による害は素人でさえ容易に推察でき、その効果や悪影響は音響工学の専門家ならだれでも知っていることである。


次は超音波に関しての興味深いそのブログの引用である。


(ブログの管理人さん)

シアター1010の搬出口付近は強力ですよ。一般の方にはあまり縁の無い話ですが
超音波
防鼠機というものがあります。
専門的な説明を省くと、ネズミの嫌がる超音波を発生させて
そこにネズミを近づけないようにするというシロモノです。
それを進入されては困るところの入り口に設置すると
ネズミに侵入されないと。そういう品。
私は昔それを扱っている会社に勤めていました。
んで、なんでそんな話を今頃するかというとですね。
今通っている整骨院が入っているビルに、それが設置されて居るんですよ。
実は私、これと非常に相性が悪くてですね。
超音波ってくらいですから、
普通の人には聞こえない音域のハズなのですが
私にはものすごく可聴域音なんですよ。
いや、耳がいいとかそういう問題じゃなくって
非常に不快なんですよ。
延髄をビンビン弾かれる感じ
ほら、肘の上の所を指で弾くとビーンってしびれるでしょ?
あれがぼんのくぼ辺りでしきりに起こるような。
頭が痛いっていうか脳味噌がかき回されるって言うか。
その不快感をどうにかして共有したいのですよ。分かって欲しい。
というわけでお暇な方。本当にヒマな方。
錦糸町駅前アルカイーストの各出入口を通ってみてくださいませ。
もしかしたら夕方から夜にしか稼働してないかもだけど。
1秒間に2回くらいの
パルス延髄に響いたらソレです。
気持ち悪いんだよー。ほんとだよー。
ちなみに、若い人、女性などが聴き取りやすいそうです。
聴き取りやすい理由は不明とか。
女性の方が自分の声が高音だから?とか
頭蓋骨が小さいから響きやすい?とか言われてますが
どれもあまり根拠がないのだとか。
いやほんとに。ネズミに入られちゃ困るのは分かるけど
アレなんとかなりませんか。
○○○さん。

20093月追記

誠に勝手ながら、一身上の都合により
この記事に対しての今後のコメントを締め切らせて頂きます。
この記事を書いてもう3年近くの月日が経ちました。
今まで沢山のコメントありがとうございました。
同じように
苦痛に思う方が沢山いらっしゃることがわかり、
非常に慰められました。
ですが私がこの機械に関わっていたのももう
10年以上前
一般に
超音波防鼠機の寿命は5年です。
最近の機器情報も仕入れておりませんので
ご質問頂いてもお答えできません。
と、いう理由もあって
ここでコメントを締め切らせていただきます。
今後も「あるある~」という気持ちで
記事を読んでいただけたら幸いです。

ありがとうございました。


                   posted by at 23:05|

(この記事へのコメント)

こんばんは。

私も聞こえます。ネズミ避けの超音波は最悪ですよね。最近ウチの近所でその家の前を通るとセンサーが働いて、その超音波が大音量で鼓膜を叩いてきます。いまその家に文句を言いに行こうか考えていたところです。以前その家には座敷イヌが5匹近くいて家の前を通る度にワンワンと家のカーテンを揺らしながらこちらをみていたのですが、いまは全くイヌの気配がしません。殺されてしまったのでしょうか。もしくは超音波でやられてしまったのでしょうか。
ネズミ避けの超音波の音が聞こえ続けていたらおかしくなってしまいます。
因みに、あれは何ヘルツくらいの音がでているんですか?


Posted by チョコさぶ at 20061026 18:58



コメントありがとうございます。
あの音はずっと聞いていると
頭が痛くなりますね。
ちなみに私が昔勤めていた会社の製品は
19kHzでした。

             Posted by at 20061026 23:44

こんにちは。
私も聞こえます。
以前から、時々ビルの前で感じており、

今日も汐留の某ビルの前で感じたものでググって見たところ、

こちらに行き着きました。
これまで誰にも理解されなかったのですが、同じ思いを共有する方がいて嬉しかったです。
確かに、何も音がしないところで「ああ、うるさい!頭に
直接不快な音が響いてくる~!」なんて騒いでも、引かれるだけなんですけどね(笑)

Posted by SS at 20061029 00:29

コメントありがとうございます。
おお、聞こえる方結構いるんですね。
販売会社の中にも聞こえる人が少なくて、これ問題にならないんですか?と聞いても全然取

り合ってもらえなかったくらいなので、嬉しいです。
ちなみに、ネズミの習性と環境問題上、
夕方のみ、とかドア開閉時のみ、とか設定してある

ビルもあるので、同じ出口でもたまに感じるだけ、ということもあるんですよ~。



             Posted by at 20061030 08:51



あれは防鼠機だったんですね。
32
歳男性(身長180cm)ですが聞こえます。
他にも、
・新橋駅北西側の通り沿い
・北千住丸井1F出入り口付近
・お台場のテレコムセンタービル1F出入り口付近()
・お台場のサイゼリア付近()

などがあります。
テレコムセンターでは音を避けるようにして
広場をぐねぐね歩いていたので、知らない人から
見たら不思議だったことでしょう。
間違ってもあの装置のある場所で待ち合わせなんて
約束するもんじゃないですよね。


Posted by やま at 20070123 01:07



コメントありがとうございます。
ネズミの被害が最も深刻なのは
データセンターのケーブル断線とかなので
そういうビルには特に多いみたいですね。
結構コストがかかるので大企業向けでもあります。
基本ドア開放時or夜間のみの作動なのですが
地下鉄の駅なんかだと始終鳴らしてたりして
大迷惑です。
待ち合わせは避けたいところですね。
ただあの音は意外と
減衰が早くて
有効範囲は半径3mくらいしかないので
避けることは可能です。


             Posted by at 20070123 11:24

たしかにお台場のサイゼリアで感じますね。
あと最近は銀座で感じました。
あれは全員が感じてるのではないのですか?
あれを感じない人もいるってことなのでしょうか・・?


                 Posted by ゆん at 20070203 04:21

コメントありがとうございます。
一応
超音波なので、
聞こえる人と聞こえない人がいますよ。
会社の調査では
8割の人間には聞こえないのだとか。
2割聞こえる時点で、人がいる所に使うのは
問題だと思うんですけどね・・・。
聞こえなくても
頭痛がするって人もいます。

          Posted by at 20070203 15:29


私も昔から悩まされています。不快ですよね。
でもなかなか解ってもらいないのが辛いところです。
私が経験したのは

・渋滞感知器(新宿の歩行者天国で)
・デパートの煙感知器、又は防鼠機
・昔の超音波調理器(食べ放題しゃぶしゃぶ屋で
飯食えず

これくらいです。
北千住丸井の一階、私も聞こえました。
防鼠機の周波数が
19KHzとの事ですが、実はもっと低いのではないかと疑っています。
以下のページで確認してみたところ、私が聴こえたのは
17KHzくらいまででした。

http://www-antenna.ee.titech.ac.jp/~hira/hobby/edu/sonic_wave/sine_wave/frequency/index-j.html


CD
の規格が44.1KHzという事は、人間の可聴域は22KHzくらいまである、という認識は以前か

らあると思うんですが…
統一して規制して欲しいものです。


Posted by ATOMIC at 2007020816:22



コメントありがとうございます。
ATOMIC
さんのように音波についての専門的知識があるわけではありませんので、やや間違え

ているかも知れませんが、恐らくその疑問にはお答えできると思います。
あくまで私が昔勤めていた会社の製品のみの話ですが
この周波数
19KHzというのはネズミに対して最も忌避性の高い周波数が19KHzである為、

「ピークをそこに設けている」というだけで実際には常に19KHzの音波が一定出力され続け

ているのではありません。
まずこの音を出す仕組みですが、スピーカーではありません。セラミックのピース二つを打

ち合わせて音を出しています。断続的なのです。
更に、単音で19KHzの音を鳴らし続けるとネズミの方に耐性が出来てしまうようで、2つの

をずらした音波を出して音圧を変化させているということです。
つまり二つのセラミックの太鼓があるようなものです。

以上によって常に19KHzの音が出ているわけではないと推測されます。
人間が聞いたら
一定の高音に聞こえるかもしれませんが、恐らく聞こえる部分の音を拾っているだけなのでしょう。
ちなみに、このセラミックが劣化した場合どうなるか、等の詳しい試験結果は公表されてい

ませんが、寿命はせいぜい5年、経験上3年で交換というパターンもあり得ます。劣化した

場合音圧が下がるだけなのか、周波数は変化するのか、そういった情報は殆どありません。

販売側さえ持っているか怪しいものです。
一応定期点検と称して
音圧測定はするのですが、捏造などいくらでもできますしね・・・。
音の害については、聞こえないにしても
人間に害がある可能性は販売側も理解はしていて、

普段人がいる場所には使用しない、もしくはタイマー設定をすることを推奨しています。

が。聞き続けなければ問題はないということで、通行人よりもネズミの害を防ぐことを優先

する顧客が多いと言うことなのでしょうね・・・。



                Posted by at 20070208 20:48

北千住はよく通りますが、これは気がつきません
でした。
人間の
最大可聴域20000Hz(20KHz)と言われていま
すから、
19KHzであれば聴こえる人が結構いるでしょ
うね。今度気をつけて聴いてみようと思います。


Posted by at 2007020821:30


はじめまして。
たまたまここにたどり着来ましたので、コメント残します。
アルカイーストの音はかなりグッタリきますね。
なかなか共有者がいなくて切ないです。
亀戸のサンストリートの鶴亀ストア?

の脇(屋台とかが並んでるところ)の

あたりの通路もあの音で頭が痛くなります。

Posted by ys at 20080512 11:21



コメントありがとうございます。
最近錦糸町には行っていないのですが
まだ防鼠機は現役なのですね~。
私は最近段々聞こえなくなってきました。
老化もたまにはいいことあります(笑)


             Posted by at 20080531 06:45

私も数年前からその音がやたらと聞こえるようになりました
その音で
めまいがするんですよ、みんなに聞いても「聞こえない」という声が多い中
このblogを見て安心いたしました


Posted by MISA at 2008061813:39



コメントありがとうございます。
防鼠機の認知度が低いから
悩みを分かってもらえないんですよねー。
案外危険物なんだから認知させるべきだとおもうんですけどね。
安心して頂けたなら記事を書いた甲斐があるってものです。


                 Posted by at 20080625 09:00

はじめまして。
【入口 超音波】で検索して、お邪魔しました。
今日、汐留にある日テレのイベントに行った時に、

建物に入ろうと入口付近に近づくと、

なんともイヤな音と共に鳥肌が立ってしまいました。
近くにいた警備員さんに「超音波みたいな変な音が聞こえる」

と訴えてみたのですが「何も聞こえませんよ?」
と相手にもしてくれませんでした。
ワタシの耳がおかしくなったのかと思ったのですが、
こちらの記事とコメントを読んで、安心しました。

Posted by non at 2008072701:05


コメントありがとうございます。
安心していただけてよかったです。
私は販売側だったので知っていますが
一般の方にはわかりませんよねー
「超音波防鼠機作動中」とか
表示が必要なんじゃないかなーと思います。


              Posted by at 20080730 02:09

はじめまして。
自分も同じく、超音波がよく聞こえます。
今中学3年の学生ですが、
家でテレビがビデオなどで電源が入っていると
音が聞こえるので、電気の無駄遣いを防ぐと
いうことでは役に立っているのですが…。
今まで暮らしてきた中では、他には
携帯か何かの電波が偶に聞こえるだけで
防鼠機の音を聞いたことはないんですが
みなさんのコメントを見ると不愉快な音の
ようですね。
今まで自分と同じような人に会ったことは
ないのでうれしいですが、
これから防鼠機に気を付けなければと
感じました。


Posted by leak at 2008100217:23


コメントありがとうございます。
若い頃は聞こえるんですよねー
高周波
最近私は老化で聞こえなくなりました。
防鼠機は
キンキンキンキンというような
頭痛を催すような音が多いです。
建物や地下鉄などの出入り口周辺にしかないので
急いで通り過ぎてください。
待ち合わせ場所周辺にあった場合は
場所を変えたほうがいいかもしれませんね。


             Posted by at 20081003 08:56


34歳ですが、脳みそかき回される感じ…分かります。
汐留シティセンターの回転ドアのところがそうなんですが、

回転ドアに入ろうとしたときになるので、危険です・・・。



Posted by ひろ at 20090228 11:27



コメントありがとうございます。
新しいビルでも
未だに超音波使ってるんですねぇ。
他に有効な防鼠対策がないから

藁にもすがる気持ちなのかもしれませんね。

            Posted by at 20090304 12:26

                                                   

                                                      引用終わり


                                    2014-05-18 06:27:04










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『 Mosquito 3 』 [公安警察のストーカー活動]



 

                   『 Mosquito 3 



超音波に関することを引用、紹介したがここまでの話で「高周波音」を利用悪用すれば、さらに応用すればまわりににバレないように何ができるかはおおよそ理解できるはずである。それほどエネルギーが大きくはなく単純な構造の防鼠機でさえ、しかも数十秒聴かされた場合でも人体への影響は少なくない。

数年前に札幌市の環境局環境対策課に照会したところ、周波音の測定器はあるが高周波音は8kHzぐらいまでしか測定できないシロモノだそうだ。「公安の悪事を証明・告訴する」には全く役に立たない「燃えないごみ」である。17.5kHz「モスキート」が公に出現して8年にもなるのにまだこのレベルである。
行政機関の消極的な対応には不信感というよりも隠ぺいに協力しているのではと思っている。
わかりやすい「低周波音」の被害などどうでもいい。問題は「聴こえない音」が世の中でどのような悪用のされ方をしているかということである。

「超音波音」は実際にはから35年以上も前から悪用されているのに意図的に隠ぺいされているのである。
ネズミ駆除の超音波でさえ人によっては被害が出るのに
音響工学の専門家が音としての「超音波の効果」である「頭や神経器官への悪影響」を知らないはずはない。
最近また環境対策課に問い合わせたところ、「電波が聴こえるのですか」だと。

波が聴こえるなら「病気」かもしれないが、私が取り上げているのは単純に「波」である。「モスキート」で証明されその気になれば応用して簡単に悪用できるのに、これからも「周波音」の測定器を入れる気はまったくないとのことである。

行政が動かないなら民間なのだが高額な機械を買うかレンタルということになる。なぜかこの手の測定器は札幌ではレンタル会社でも手に入らない。
関東圏の会社の話では、もしやるとしたら取り扱い説明や準備等で10日ほどかかるそうだが、こちらの動きはほとんどすべて把握されているので時間と金をドブに捨てることになる。
行政機関だろうが民間だろうが公安が関与した場合、実際にはほとんど手の打ちようがないのだが。

私なりの対処法で今は防いでいて緊急ではないが、しかし問題はそういうことではない。問題はバレないよう
工夫応用して本気でやっている公的機関とその協力者が現実にやっているという「事実」なのである。
仮に測定器を準備しても遠隔による壁透過や固定電話、携帯電話等の盗聴によりこちらの動きはほぼ把握されているのでその段階で尻尾を掴まれることはしない。これが公安の本当の手口である。

壁を透過するハイテク機器について触れたが、公安の主導する組織的なストーカー活動においては、この装置はターゲットを精神的に追い込むための重要な手段となっている。
公安に一生関わることのない普通に生活を送る人々は信じることができず仰天するだろうが、事実である

たとえばあさま山荘事件のような大きな公安事件の場合人質を抱えた立てこもり犯人がどの部屋にいてどんな動きをしているか、建物内部を「透視」できる機械で把握できれば、突入のタイミングも容易である。当時は夢のような器械であるが既に20年前の1990年代から使われている。
透視」と言ってもマジックである「インチキ超能力」の話ではない。私の想像では方法は違うが外線や温度感知のようなかたちで人物が映るのだと思っているが、もっと詳細に鮮明に捉えることができるのかも知れない。
小型隠しビデオカメラの仕込みなどではなく「遠隔」である。
  
公安という犯罪組織は間違っても部屋の中に、ただちに刑事告訴される「証拠」は残さない。心理的に追い込んでその人間を破壊する手法で、現在の法律では捕らえるのは困難である。一種の完全犯罪のようなやり方である。
公安は自動車を単純に直接に破壊するような「はんかくさいこと」もしない。このヤクザ組織はもっと巧妙で狡猾である。もしそういうことがあれば、それは目立ちたがり屋本人の自作自演か勘違いの可能性が高い。
国家権力の象徴である公安は「広域暴力団」よりも性質が悪く、狡猾すぎて捉えどころがないのである。
建物を透過して中の人間の様子を探り、映し出す器械」の存在を信じる人は少ないかもしれない。しかしすでに警備担当部隊の切り札的機器として201011月の横浜エイペック(APEK)で公開されている。
  
エイペック開催期間にテロや立てこもり事件が起こった場合に備えて、建物内部の廊下からアタッシュケースサイズの「壁透過機器」を押し当て部屋の内部の人間の動きを捉える方法が一部のネットニュースで紹介されている(今は消去されている)
私がやられているのは、直接壁に付けないもっと違う手法である。
壁の透過技術は可能であり、すでに確立された技術になっているはずで「善意の使用」を前提にしているので問題にならず大きくとりあげられていないのである。おめでたい話である。
横浜エイペックで公開された時のビルの場合、部屋の壁には鉄筋が入っていると思うがその器械の性能の詳細はわからない。隣家と距離のほとんどない木造住宅なら遠隔で比較的簡単にできるのかもしれない。

あさま山荘事件のような立てこもりの公安事件を教訓に、「遠隔の壁透過機器」は警視庁の警備公安部が最も手に入れたい機械のひとつだろう。しかし私の経験では既に20年以上前から公安は手に入れていて、しかも悪用している。

私は全く驚かないのだが、秘密の機械や兵器が公開される頃には軍事技術の場合、裏では研究段階も含めすでに10年以上も先を行っているはずである。ましてや最も最先端のハイテク軍事技術など公開するはずもなく一般に知られることなどありえない
公開ができるようになった最先端技術と称するものは軍事関系の一部の「情報独占者たち」にとってはもう既に旧いものなのである。

特定秘密保護法成立にも「公安警察」が積極的に関わったように、軍部と秘密情報機関のような「公安部」はお互い「国を守る」組織として立場は同じであり、テロ防止対策を口実に公安が利用できる軍事技術は共有しているはずである。

私は専門的なことは深くは知らない。私の体験から推察するに、最新のレーダー技術、公開されてないX線やミリ波ような透過技術の応用等、あるいは非破壊検査の技術や魚群探知機のような簡単な器械の応用技術かもしれないが、我々の想像を超えたハイテク壁透過機器が既に相当前から一部の秘密機関により使用悪用されている。

私の日常生活のあらゆる場面で電話連絡をうけた協力者たちは指示されて「偶然を演じる」わけだが、その「ネタのもと」になっている一つが「壁透過装置」による情報である。「覗きとプライバシーの侵害」を「遠隔機器」でやっているわけである。
「覗き」といっても、奇才で変態の故寺山修司が趣味で風呂場の女の裸を覗いてるのとはわけが違う。
国家機関が関与して遠隔機器を設置し24時間遠隔「覗き監視」をやっているのである。

公安のヤクザ者による単純だが執拗な組織的なストーカー活動だけでも極めて悪質で「無知な協力者たち」も含め、決して大げさではなく彼等は私に殺されても仕方のないことを延々やっている。この感情は実際にやられ続けた人間にしかわからないだろう。

私の場合これに「壁透過機器」と「高周波音」の遠隔機器による悪行が加わるわけである。この事実の意味すること」を協力者たちを含む一般国民は想像力が欠如しているのでほとんど理解できないかもしれない。
組織的なストーカーにおいて公安が私に対してやっている「すべてのこと」は意味があるからやるのであり、効果があるからやるのである。そうでなければ組織的にストーカー活動を行う必要はまったくないのである。
延べ人数にして膨大な数の協力者たちを動員して「偶然」を演じさせているのだが協力者たちは「たいしたことのない」「些細なこと」をやっていると思っている。
公安も「たいしたことではないと思わせて」協力させているのだが、私と公安にとっては重要な意味があり、影響もあり効果もあるからやらせるのである。
「些細なこと」のように見せかけているが、その裏で行われていることは悪質犯罪であり、真相を知れば誰もが仰天するはずである。
  
本当の事情も知らずに得意になって協力している想像力の欠如した協力者たちは公安と同罪であり、ある意味単細胞な分だけ公安よりもたちが悪いかもしれない。
「証拠をとれないような体制」で実行しているこの悪党どもは人の心の中にまで平然と土足で入り込む「国営人間のクズ組織」と呼ばれるにふさわしい、まるで悪魔のような日本最強国家権力犯罪組織である。

公安が主導して行っている私に対する組織的なストーカー行為のうち重要で極めて悪質なハイテク機器を使った信じがたい手口を今回明らかにした。
私も技術的な詳細を知らないし器械そのものを確認したわけではない。

囮やダミーを用意してかく乱、偽装工作をしている可能性が強いが「踏み込む」のも選択肢のひとつである。
ただこういうやり方はこの問題の決着の仕方としては失敗する公算も大きい。
ルールに則り言い逃れができないような形で「一発で問題を仕留める」のが私の理想なのだが極めて難しいことでもある。しかしいろんな意味で0パーセントでもない。

私のケースとだいぶ違うが山口県周南市の「平成の八つ墓村」事件のように「全国ニュース」にして「インパクトと調査するきっかけ」をメディアに与えてすべてを終わらせるのも「公安の悪事を証明する」一つの方法かもしれない。今のところやる予定はないが。

そんな考えが思い浮かぶほど公安主導の組織的なストーカーは悪質なのである。
  
口裏合わせをして嘘を言う協力者たちも公安同様に「人間のクズ」である。この連中はあの山口の事件のように殺されなければわからないほど「想像力が欠如」している愚か者なのである。
都知事選挙の候補者たちを百田氏が「くず」呼ばわりして問題になっていたが、私もそれはさすがに少し言い過ぎだろうと思う。しかしたとえ仮に百田氏が本気でそう思っていたとしても、私から見れば非常に可愛らしい「人間のクズ」たちである。

強大な国家権力を背景にし、時としてその権力をにし、隠れ蓑にしてひとりの丸腰の人間をなぶり者にしている公安という本物の「人間のクズ」は、百田氏がなかば冗談のごとく揶揄した「人間のクズ」よりもはるかに醜悪な正真正銘のクズである。

信じがたい話をするにあたり、わかりやすい「モスキート」における超音波から話を始めたのだが、私のまわりで何が行われているか理解できただろうか。
おそらく俄かには信じられないだろうが「モスキート」のように否定のしようのない「厳然とした事実」である。

悪魔は悪魔はいないと思わせる「狡猾な知恵」を持っている。
危険でもないのに、「危険人物」におおげさに「でっちあげて」一人の人間に寄ってたかっ35年間も公的機関が税金使ってよくもまあここまでやるかという、まさに悪魔のような「人間のクズ組織」の活動の一端と公安が私にこれまで行ってきた悪行の一部と、なぜこの組織が「国営の犯罪組織」なのかご理解いただけたろうか。

     追伸 

                (’81)公安の皆さんへ

            マンションK偽装渋谷郁子とメガネの男は
            
まだ生きているんですかね。
            
存命なら私から「よろしく」言ってたとお伝えください。


私の生活の行動範囲のなかで「連続ガスボンベ事件」が起こっている。

テレビ局に届いた「犯行声明文」によると北署の警官の取り調べや態度への怒りが動機であると本人が書いている。要するに「北署の警官に対する恨み」だそうである。
この方の恨みは「逆恨み」といったほうが正しいかもしれない。
連綿と現在進行で続いている私とは全く違う。

ジョイフルエーケー屯田店」は私への組織的なストーカー行為の舞台になっている。ほぼ毎回のように、客のフリした協力者が多数動員されていることもよくある。公安の依頼で「別の協力」をやっている店側(サカモト)(・・・)もそのことは十分承知してるはずである。

数年前の春にペット館の前の植木の催事で、苗木をまったく見ずに、私がどこに移動しても携帯電話しながら私を目で追っているオッサンがいた。
目の前に行って写真を撮ってやったのだが、そのとき携帯でなぜか急に「憲法の話」を始めた。
公安関係者と思われるが、あまりにバレバレの様子なので「記念写真」を撮ったわけである。
このオヤジを撮ったのがボンベが破裂したまさしくそのトイレ前である。



                          047.JPG


イトーヨーカ堂屯田店にいたっては数カ月ぶりに行って、私たちが帰ってその数時間後に事件が起きた。
ただし他の事件現場へは行ったこともないし、私のアリバイは「公安」の暇人ヤクザもん保証してくれるだろう。
札幌北部に住む者なら誰でも行く大型のホームセンター、スーパーである。それこそ偶然なのだが妙な因縁を考えてしまう。

あんなにわかりやすく、すぐ捕まる幼稚な方法で道警相手によくやるなと、いたく感心、感動していたら先ごろ女容疑者が逮捕された。
小保方晴子といい、「げに恐ろしきは
なり」。

逮捕後に3件同じような事件が起こっている。「模倣犯」が道警の見解であるが真相はどうなのかまだわからない。
私は、公安に対する「恨み」などという軽い言葉を超越してしまった。この女犯人は「十数本の家庭用ガスボンベ」を爆発させて目的を果たしたようである。

私ならこんなやり方はしない。
   
私に一度でも関わった公安の関係者すべてと、直接、間接を問わず一度でも指示に従った
その協力者たちすべてを一か所に集めその頭上で、
家庭用ガスボンベ」ではなく「核爆弾」を破裂させただろう。
きのうの夜そんな夢を見た
いずれあちらの世界で、す・べ・て全員に会うのをたのしみにしています。
の前でね。



                                         2014-05-18 05:36:43



http://forum21.jp/contents/05-10-15.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

百合が原いとう歯科クリニックの場合 [公安警察の本当の手口]





2015781230分。歯科医院の予約時間である。
1225分医院前の駐車場に到着し、3台分の駐車場のうち真ん中だけが空いている。
両端はワゴン車で、慎重に真ん中に止める。そして警報装置付きのキーをかけた。

医院に入ったとき待合室には3人の精算待ちの客がいた。私が問診票に記入している間にそれほど待たされずにかれらは支払いを済ませて立ち去った。
問診票の最後の欄に他の医院も含め「困ったこと」を書くようにあったので「いやがらせをされてこまっている」と書いておいた。私はこの数年の間に既に4,5件医院を変えている。初診の当日に見切りをつけた医院もある。「池田」。

評判を聞いて通った「太平」「石塚」はキレずに我慢したほうである。

歯科医院や病院あるいはスーパー、レストラン、ホームセンター、動物病院等は日常生活で普通に利用する場所である。公安警察、道警公安課はありとあらゆる場所で執拗に「嘘とでっち上げた理由」で協力者たちを動員し、時には犯罪を仕掛けて挑発してくるのである。

診察台の前のかごに上着を入れた。
診療が始まって、特に不審なことはない。良心的な「」かもしれないと一瞬思ったものである。

レントゲン撮影ではメガネをかけた衛生士がエックス線の防護服を私の上半身に丁寧に被せた。防護のため背中の部分にまで気を遣う丁重ぶりである。
(こうやって必要以上に丁寧にやるのも意図があるのである)
この意図はこの医院のものではなく北海道警察公安課の企みである。
そして歯の部分撮影をした。ここまでは普通に歯科医院の対応である。

療が始まった。しばらくして土台作りに必要な虫歯治療のためのキリ状のピンをさしたままもう一度レントゲン写真を撮るというのだ。
その間診察台に寝かされた状態の時に両脇の左右の診察台に2の「」が同時に座った。その時不自然な雰囲気を感じたが顔は見えない。


小さなレントゲン室に行くと、さっきとは打って変わってこの同じ衛生士は防護服に関することはなぜか全くしなかった。そして器械を角度をつけて抑えるように医師に頼んだ。 歯科医はドアをあけたままそしてこの入口の外に立ったまま入口を塞ぐかたちで腕を伸ばして器械を押さえている。一回目と同じ場所を撮るのに何なんだこれは。

私が飛び出して現場を取り押さえるのを防ぐためか、それとも財布を取り出すタイミングの合図をこの医者があの2人に送ったのかも知れない。

1回目と違い防護服の装着に関して、一転しての衛生士のこの豹変ぶりはどうだろう。
1回目のエックス線防護のあの慎重丁寧な対応はなんだったのか。

露骨な「厄介払い」のつもりかあるいは籠の上着から財布を取り出すためか。
いずれにしてもこの時に財布を取り出したのだが。

この時点で私は財布の件を全く気付いていなかった。診察台の前の籠に入れた上着の心配までしてたら病院にもいけない。
しかし公安警察につきまとわれたらそこまで気を付けなければならない。


公安は人の弱みに付け入り、立場を最大限に利用して時に犯罪を行う。
警察権を持った犯罪者集団は裏ではなんでも可能なのである。

防護服を着せない件も、またおかしなことをやっているとは気付いたが、X線に関してはたいして気にもしていないので何の意図なのかを測りかねていた。

とにかく治療を終え待合室のベンチのところで財布がないのに気付いた。あちこち上着を探していると、ベンチのところに落ちているのである。ポケットから落ちたのならば音がするし、ふたが付いているので落ちないようになっている。

散々待たされたあと、わざと最初に1300なにがしかの金額を言い、次に「まちがいました」と言って1400円と言い直してくるのである。病院等で請求金額を間違えることも通常ありえないことである。
後で気が付いたのだが実は財布の中身は14,000だったのである。

会計をした衛生士は公安に言われるままに財布の中の金額を示唆する1400の請求書を作ったのである。

自信に満ちたバカ衛生士の顔が印象に残っているのだが、自分たちの人生で公安警察が関与する捜査?など見たことも聞いたこともないので得意顔なのである。彼らは公安警察が人間のクズ組織であることをまだ知らない。

(主よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。)


私は許さないがね。しかし判断するの私でもなく、もちろん警察でもない・・・・

釈然としないまま2階の階段を降りて駐車場の車の位置を見ると白線に平行に止めたはずが見事に斜めに曲がって駐車されているのである。真ん中に平行に止めるようにセッティングした理由である。私が気付くようにやらなければ意味がないのである。

人の心に土足で踏み込む犯罪者集団「公安警察」は、嘘をでっち上げてこんなことまでやっているのである。
一事が万事この調子なのだが、絶対に告訴されないような状況を作って協力者を抱き込んでから「お仕事」を始めるのである。
私をとんでもない危険人物として協力者たちに吹き込んで協力させているのだろう。

協力しやすいように都合のいい理由をねつ造して嘘に嘘で固めてでっち上げ、公安警察が活動しやすい危険人物に仕立て上げるのである。




 2回目のレントゲンの際にはわざと防護の着衣をせず(ありえない)それなら一回目も必要ないはず。忘れることもありえない。

      もっとも線量などはなから気にもしてないが。


 私の上着から財布を取り出し中身を確認し、さらにその財布を待合室のベンチのような椅子の足元に投げすてたのである。(当初私は気が付かず上着のポケットから落ちたのかなと思ったのだが落ちることもあり得ない。)なぜかこのとき帰るまで客は誰もいない。

 そして中身を知っていることをまるで誇示するように請求書の金額を「1400円」とつくりあげた。

 最後のシメは、自動車の移動である。私が真っ直ぐに止めるようにあらかじめセッティングをしておく。帰りの際に私が気付くように車を動かして斜めに止め、「どうだ」というわけだ。

公安警察の活動は、人権侵害、プライバシー侵害、家宅(自動車)侵入、窃盗、盗聴、パソコンの遠隔モニタリング、自殺に追い込むことも、凶悪犯罪に駆り立てることも可能である。治安を一部守ると同時に私の例のように警察権の間違った使いかたで膨大な予算の無駄遣いをして、広く「警察」の怠慢により、守られるべき命が守られないこんなひどい世の中になっているのである。

日本の権力機関の象徴でもある公安警察は裏ではこんなばかげた工作活動をして税金の

膨大な無駄遣いをやっている。そして「警察」は防げる事件を防ぐこともせず最もやりやすい人間につきまとって、遊んでいるのである。

こんなひどい世の中になっているのは「役所化した警察」の怠慢も大きな原因のひとつである。最近では6月の「砂川4人死亡事故」などはその典型例のひとつである。
事件の起きる数か月前に検挙できた事案であり、少なくとも一家4人は助かった命である。
全国的に洗い出せば似たようなことは山ほどあるはずだ。

北海道警察のバカどもは私に35年もばかげたストーカー活動やってないで、そのエネルギーを本当にやるべきことに向けろ。


公安警察が関与した場合に、公開で行われる捜査令状の提示などは単なるパフォーマンスにすぎない。公安警察の本当の手口は違法な組織的なストーカー活動であり、自分たちの活動に「都合のいい理由」を大げさにでっちあげて人権やプライバシーを踏みにじる狡猾な犯罪者集団なのである。



 

警告



この記事をあなたのブログにリンクさせることを禁じる。   

私の他の一部の記事だけをリンクさせているブログは悪意のある

公安の協力者か創価関係者の自演偽被害者ブログである。   







 



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

闇の中 2 [雑記]


「人間は地球上のあらゆる生き物の中で唯一嘘を言う動物である。」

ロシア元職員毒殺 英調査委「プーチン大統領が関与か」

10年前にイギリスでロシアの治安機関の元職員が毒殺された事件で、イギリス政府が設置した調査委員会は、「計画は、おそらくプーチン大統領によって承認された」などとする報告書をまとめ、プーチン大統領が関与した可能性があるという見方を示しました。この事件は、プーチン政権を批判してイギリスに亡命していたロシアの治安機関の元職員リトビネンコ氏が、2006年にロンドンで放射性物質を使って毒殺されたものです。

イギリスの捜査当局は、事件に関与した疑いがあるとしてロシア人の元同僚の身柄の引き渡しをロシア政府に求めましたが、ロシア側は拒否し捜査は難航しました。

このため、イギリス政府は遺族の訴えを受けておととし設置した第三者による調査委員会で、80人以上の関係者から話を聞くなどして調査を進め、委員会は21日、およそ330ページに上る報告書をまとめ公表しました。

この中で、調査委員会は「殺害の計画は、おそらくプーチン大統領によって承認された」として、プーチン大統領が関与した可能性があるという見方を示しました。

この問題を巡っては、イギリスとロシアが互いに一部の外交官を追放するなどして外交問題に発展した経緯があるだけに、今回の報告書の結果を受けて今後、両国間の関係に影響を及ぼすことも予想されます。

リトビネンコ氏の遺体から猛毒

この事件は、2006年11月、プーチン政権を批判してイギリスに亡命していたロシアの連邦保安庁=FSBの元中佐、アレクサンドル・リトビネンコ氏が亡命先のロンドンで死亡したものです。

リトビネンコ氏の体内からは猛毒の放射性物質ポロニウムが検出されたことから、イギリスの捜査当局は、何者かに毒殺されたとしています。

捜査当局は、リトビネンコ氏が体調不良を訴えた当日、ロンドンのホテルで面会した連邦保安庁の元同僚のルゴボイ氏を容疑者と断定し、ロシア側に身柄の引き渡しを求めていました。

しかし、ロシア側は、引き渡しはできないとして拒否したことから、両国は互いに外交官を追放するなど関係が悪化しました。

この事件を巡っては、リトビネンコ氏が病床でプーチン大統領を非難していたとされるほか、イギリス政府がロシア政府の事件への関与を示唆する機密文書を作成していたことが明らかになるなど、ロシア政府の関与があったかどうかが注目されていました。

報告書にロシア反発

ロシアの治安機関の元職員リトビネンコ氏が毒殺された事件に関するイギリスの調査報告書について、ロシア外務省のザハロワ報道官は、「刑事事件が政治問題化され、ロシアとイギリスの間の雰囲気を悪化させる」と述べて反発しました。

また、イギリスの捜査当局が、事件に関与した疑いがあるとして引き渡しを求めているリトビネンコ氏の元同僚で、現在ロシアの下院議員を務めるルゴボイ氏も「調査報告はばかげており、いつものロシアのイメージを傷つけるキャンペーンだ。イギリスは、リトビネンコ氏が死亡した本当の原因を解明しようとしていない」と述べて、批判しました。

リトビネンコ氏の妻「夫のことば正しかった」

リトビネンコ氏の事件に関する調査報告書が発表されたことを受けて21日、リトビネンコ氏の妻のマリーナさんがロンドンで声明を発表しました。

この中で、マリーナさんは「亡くなる直前に、プーチン大統領を非難していた夫のことばが正しかったことが証明されたことに満足している」と述べました。そのうえで、「今度はキャメロン首相の番だ。ロシアの情報機関のすべての関係者をイギリス国外に追放し、経済制裁を行うべきだ。この報告書の内容を受けて、首相が何もしないとは考えられない」と述べ、イギリス政府に対してロシアに強い姿勢で臨むよう訴えました。




 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160121/k10010380811000.html

                      2016年1月22日

 http://forum21.jp/back.html

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

盗人猛々しい [協力者たち]


何が肖像権の侵害だ。ではおまえらのやってることはなんだ
殺すぞこらー佐々木
プライバシーを侵害し、人権を侵害し、嘘を言って人を貶めて辱め、ひとの家や車に侵入し、35年以上にわたり、24時間体制で嫌がらせをやり続けている犯罪者組織の手先になっているお前らはなんだ。

おまえらのやってることはなんだ
この大嘘つき野郎



DSCN1562 (2).JPG   DSCN1560 (2).JPG

http://oyajinokareishu.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304000781-1
 
 
被害者は嫌がらせうけている私の方だ。

公安の仲介人の仲介人から電話連絡を受け、指示されて嫌がらせをやり続け、やっていても「やっていない」と大嘘を言ってとぼけている愚か者。
殺されても文句言えないことに協力しているのに何が肖像権だ。ばかもん
盗人猛々しいとはお前らのことだ
たいしたことをやっていないと思って協力しているのだろう。
私の怒りがどれほどのものか想像できないだろうから
私に対面で聞きに来なさい。一発で教えてやるから。



 
                警告
私のブログを基にねつ造、改悪している「pdf」ファイルは私のブログとは一切関係ありません。悪意のある公安関係者協力者が作成したものです。
「ココログ」、「Sonet」のブログが今現在の私の公式なブログです。
検索をしても私の肝心な記事が最初のほうに出てこないように小細工もされています。pdf」ファイルも私のブログよりも先に見つかるように配置しています。
私のブログ自体も巧妙にブロックされています。

悪意のあるpdfねつ造修正記事」
http://www.mk2010.net/img/Koan/KOAN3/Koan3.pdf
http://www.mk2010.net/img/Koan/Koan1.pdf



http://forum21.jp/back.html


http://forum21.jp/contents/05-10-15.html



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

725 726 727その後 [公安警察の本当の手口]







2014827日に7ヶ月ぶりに行ってみた。
下足箱はそのままである。


 

修3.jpg


 

 



 4月から受付で下足箱のキーと引き換えにロッカーキーを渡すことに変わったそうだ。

(いや違う、ヤバイので公安の助言で変えたのである)。表向きの理由は後で何とでもつけることができる。そんな面倒くさい大衆温泉はあまりないだろう。

通常は下足箱に靴を入れる。鍵をかけるかどうかは客の自己責任の範囲である。

銭湯に限らず下足箱のキーは自己管理が一般的である。

 

そして10人ぐらいしか客がいないのに当日受付で渡されたロッカーキーの番号がこれである。(なぜか既に事前に用意されていた)

 

ゆ1.JPG



       

 

この大衆温泉には絶対にわからないように唐突かつ注意深く行ったのだが、今回はこれである。

入口のベンチでたむろする「高齢女性」たち(協力者は「クソ婆ぁ」と禁止用語で呼ばれている)が「やめればいい」と大声でほのめかしていた時点でやはりどうやっても無駄なことがわかった。

徒歩だろうが車だろうが自転車だろうが「住所が定まっている」私の場合公安の追跡をかわすのは不可能である。

そして「やめさせたい」のはブログのことのようである。

 

私に関連したことを「偶然」のふりをしてやる場合、一見たいしたことをやられてないように思うかもしれない。「関向」でも書いたように裏で行われている一連の流れと事前の連絡による用意周到なセッティングを見れば、どれほど執拗な監視体制と犯罪のような干渉が行われているかが理解できるだろう。

24時間水も漏らさぬ体制でなければできない芸当で、電話連絡ではできないことである。「」と「確認」してこのキーを渡すのにどれほどの尾行(必ずしも直接ではない)と連絡体制が必要か想像できるだろうか。

 

こんな手間暇かけた、ふざけた嫌がらせをどこの誰ができるのか?

「誰が何のためにやるか」。

話は非常にシンプルで単純なのである。

 

このようなことが30年以上にも亘って可能でかつ実際に実行できる組織はどんな組織か。

全体の一部分に関与することはどんな組織、会社、団体でも可能である。

組織的なストーカーにおいてはこれらは「協力者」としてパーツを担っているに過ぎない。

主導しているのは権威・権力のある組織なのである。

系統立てて具体的に指示できるのは誰か。


民間のどんなに大きな、例えば自民党などのような政党の後援会組織や民間団体だけではできない。巨大な創価学会でも無理である。ましてや一探偵事務所など不可能である。

小さな学校勤務時代から始まった組織的なストーカー行為であるが、「きっかけ」となった政治色の強い組織「北教組」の指示だけでできるはずもない。

裏ですべてを取り仕切りバックアップできる権威のある公的な機関だけがあらゆる場所と場面で可能なのである。

 

公的組織の構成員、そして組織そのものを巻き込んで協力者として指示して動かすことができるのは、ずっと上に君臨する大きな権威、絶対的な権力のある公的な機関だけなのである。

それをできるのは捜査権のある警察でしかも目に見える活動では限界があり忙しすぎる刑事警察では不可能である。

教育界と地域の要請があれば、「思想調査」「危険防止」「破壊活動防止」の名目でほとんどなんでも可能な活動専門の公安警察だけが可能なのである。

私の日常生活のあらゆる場所場面で、私に直接刑事告訴されないようなかたちで裏で登場し絶大な影響力を行使できるのは、警察手帳を提示できる公安警察だけなのである。

 

謂わば、「危険人物」に仕立て上げられた指名手配犯を、巨大な国家機関である公安(公安警察や公安調査庁)が監視・管理の名目で普通に生活している一個人に組織的なストーカー活動を行うという前代未聞のことになっているのである。

 

公安警察が登場すれば捜査権を振りかざし、「危険人物」の捜査の一環として証言させないように口止めし、「いかに私が悪者か」を吹聴して正当性を主張し、ほとんどすべての通常では考えられないようなストーカー行為を可能にしているである。

おおげさにでっち上げられた嘘の「危険人物」であっても警察の依頼なので皆黙って協力しすべて言いなりになって協力し、警察の言うことはすべて正しいと思わせられているのである。

 

狡猾な公安のヤクザものは組織的なストーカー活動において、こども高齢者身障者といった所謂「社会的弱者」を協力者として徹底的に利用する。このことだけでも(一応工作なのだが)、その「狡猾さ」が理解できるだろう。

 

苫小牧ではありえない事件の後、数か月後に行ったときにはガラガラにすいていたのに「110」のキーを渡された。

公安はからかうほど余裕があり暇人なのである。このようなことが公に可能で指示できるのは例えば右翼担当の警察庁警備局公安課の意を受けた道警警備部公安課なのである。

もう一つの公安の捜査権のない道公安調査局では何らかの関与はしていても、単独ではここまで口止めして協力させるのは無理だろう。

いずれにしても昭和54ぐらいに遡れば公安関与のすべてのことが解けるのである。

刑事警察とちがって秘密裏にすべての捜査、監視ができる公安警察だからこそできるのである。

 

私は若い時分に間違ったことはしたが、ここまで危険人物にされる理由はない。プライベートを含め「北教組」の件でも尾ひれを付けた一方的なでっち上げは許されない。

たとえどんな理由がつけられようとも、相手の土俵で後ろ盾も何もない実は弱い立場でプライベートを含め丸裸の私を日本最強の犯罪組織公安警察に委ねて当時のあの連中はさぞかし気分がよかったことだろう。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スピリチュアル






  被災地で続出する「亡くなったはずの家族との“再会”」

死んだ母が枕元にいた

――東日本大震災の被災地では、亡くなったはずの家族や親友と“再会”したと語る人があとを絶たないという。そうした被災者の声に耳を傾け、実際の体験談をもとにつくり上げたのがNHKスペシャル「亡き人との“再会”」だ。「死」という普遍的な問題を真正面から問い、死者との対話によって再び動き出した人を追う画期的なドキュメンタリーは大きな反響を呼んだ。震災当日から現地で取材を重ねてきたNHK報道局の佐野広記ディレクターが番組の知られざる全貌を語る。2011311日、がれきの中で多くの人たちが、呆然と、ただたださまよっていました。

異界を覗いてしまったような、ざらざらとして、息の詰まる、あの日の空気感。今も忘れることができません。その日から現在に至るまで、東北各地に通い、地元の方たちと交流を続けてきました。気がかりだったのは、時間が経つごとに「ようやく被災者は前を向き始めた」といった、わかりやすいレッテルを貼った報道が増えてきたこと。

自分が知る被災者の方々は、そんな単純な感情の中にはいないし、状況は一人一人でかなり違う。むしろ世間のわかりやすい決めつけに、辛い思いをされている人も多い。どういう報道をすべきなのか、自分なりの答えを探してきました。

震災から半年が経過した9月の早朝のことです。番組の編集作業で徹夜明けだった僕に、石巻赤十字病院で知り合った女性から一本の電話がありました。

その方は、義理の母と一緒に津波にのまれ、ご自身だけ助かった体験をされています。濁流にのまれる中で、掴んでいた手が離れてしまい、苦しみながら亡くなっていく姿をただ見るしかできなかったそうです。「もっとちゃんと手を握っていたら」「なんで私だけが助かったんだろう」。自分を責め続け、精神的に辛い毎日を送っていました。

その女性が、電話口ではとても嬉しそうな声で「明け方に、おばあちゃんが枕元に出てきてくれたのよ! 紫色の立派な着物を着てすごくニコニコしていて。『もう好きなように生きていいのよ。あなたの人生を歩みなさい』と伝えてくれたの」と言うのです。「最期の辛い顔しか思い浮かばなかったけど、笑顔も思い出せるようになった」と。

この話を聞いたときは「そんなこともあるのかな」くらいの気持ちだったのですが、他の方々からも「亡き父が目の前に現れた」「声が聞こえた」「亡き子どものおもちゃがひとりでに動いた」という話を伺うようになり、心にひっかかっていきました。

目に見える事実はたくさん報道されていましたが、目に見えない事実もきちんと報道すべきではないか。「亡くなった人と“再会”した」という話は、被災者の心情を伝える一つの切り口になるのでは、と番組を提案しました。

ただ難しかったのは、NHKがほとんど扱ったことがないタイプの番組だったこと。大切な人との“再会”体験は、目に見えなければ、カメラで記録することもできません。

裏をとることは難しい。当初は、「喪失体験に伴う心理現象」「深い悲しみが幻覚を見せている」といった科学的な説明も調べてはいたのですが、取材の結果、番組では控えることにしました。大切なことは、体験が科学的に説明できるかではなく、「体験をした人が大勢いる」という重い事実を伝えること。死者を身近に感じた人たちのかけがえのない体験が膨大に存在するのです。それは極めて個人的な物語であり最大限尊重されるべきだと思うに至ったからです。

ありのままのすべてを見せる

“再会”を果たした人は、自分たちの体験を「幽霊」や「幻覚」というわかりやすい言葉で表現されたくないとおっしゃいました。「幽霊」と言うと、恐ろしいものというニュアンスを含んでしまうし、「幻覚」と言うと存在そのものを否定してしまう。彼らからしたら、出会ったのは家族そのものなのです。

番組では「可哀想な人たちに辛い体験を語ってもらう」というわかりやすい同情で終わらないようにしなければならないと考えました。そこで、どれほどの悩み、苦しみを経て“再会”があり、今どう思っているのか、わかりにくくてもいいから、被災者の気持ちを、ご本人の口からありのままに語ってもらう構成を目指しました。
何か結論が出るわけではありませんが、むしろそれでいいのではないか。最終的に、被災者
4人がそれぞれのかけがえのない体験を語る、証言ドキュメントのような番組になりました。


放送後、被災地からは「よく放送してくれた」「私たちの気持ちをそのまま出してくれてありがとう」

実はこうした体験をしていても、他人の目を気にして口に出せない人も少なくありません。体験者の肉声が放送されることで「自分だけではなかった」「人に話しやすくなった」という安心感が得られたようなのです。

一方で、特異なものとして視聴者に映ることをとても心配していました。しかし寄せられた反響の中に、オカルトスピリチュアルの類いだという否定的な意見は、意外なほど少なかったです。反対に「このテーマに最初は驚いたが、自分の大切な亡き人を思いながら共感した」「私にも体験がある」などという意見を多数いただきました。

大切な人の死や、その人を思い続ける気持ちは普遍的なものです。被災地だけでない多くの人に反響をいただけたのは、人間の持っている複雑で繊細な心の奥底に、番組が訴えかけることができたからかもしれません。

忘れてはいけないのは“再会”を果たした体験が「気持ちが楽になった」「癒やされた」と一概に言えるものではないということです。
“再会”したことで余計に苦しみが増したという人や、なぜ自分は“再会”できないのだろうかと苦しむ人にもお会いしてきました。それに“再会”が転機になったという被災者の人たちも、一歩前に進む日もあれば後ろに戻る日もあります。でもきっと、それが当然のことなのだと思います。ありのままを受け止めることが、大切なことかなと思っています。


NHKは、現在も月に1度、NHKスペシャルで被災地の現状を伝えています。被災者の方々とのお付き合いの中から、少しずつ心情を話してもらえるようになってきています。僕も震災直後に吸ったあの空気感を反芻(はんすう)しながら、今後も工夫して番組制作を続けていきたいと思います。

                                       (
 引用おわり )


真偽はわからないがこういうのもある。

「石巻市や気仙沼市で多く見られるという幽霊現象。
実際にタクシーに乗せたという経験を持つドライバーに直接インタビューを行った。
彼らは乗車させただけでなく、会話もしている。
初夏厚いコートを着て乗り込み、いつの間にか消えてしまう。乗車記録が残り未収金となる。

若い人が多いのも特徴のようだ。ドライバーたちは怖がるわけではなく、その存在を受け入れる。
古くから日本人がしてきたことと同じだ。」

               『呼び覚まされる霊性の震災学』



『 私はオカルトやメディアに登場するスピリチュアルカウンセラーの類いは、ほとんどがなので信用していない。ひどいときには霊能者のスタッフが事前に仕込むねつ造も普通に行われている。著書の多い有名人物であってもコメントする価値もない。
人の心に付け入って商売している人間である。
すべて「・・と称している」だけで、「」以外語れる人間は今までもこれからもひとりもいないのである。

何の落ち度のない罪のない人々、善良な人々と云われる人間がなぜ悲惨な死に至るのか。これは人間の考え方、感じ方なので真実はわからない。

ただ言えることはそれぞれの死がどんな死に方であってもそれぞれに意味があり人間が勝手に判断できないのではと私は思っている。



「すべて平等に訪れる死」を考える上で霊的なことは人知を超えた何か神との関係で「意味のある現象」であるかもしれない。ただし、人間の都合で判断できることではない。

私も脳内の一作用だけでは説明しにくい「あっ」という強烈な体験があるので、被災地での事は非常に興味深い話である。』









続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「 アスピリンスノー・・・・」 [未整理]



こういう現職教頭もいた。言葉もないのだが。

あちこちのサイトにその「偉大な足跡」が残ってるが、またこうして取り上げられるのは執行猶予付きの刑を終えた本人や特に教育現場ではもう二度と触れられたくない事件だろう。

比較するのも恥ずかしくなりレベルが違いすぎる。しかし私が公安から受けている精神的な拷問犯罪行為からみれば些細な事だろう。

普通に生活している私は、公安の主導により直接あるいは協力者を通してまったく見当違いで一方的なでっち上げにより、あらゆる場面で30年以上にわたり私を晒し者にして私の生活を破壊し、精神的な苦痛を与え続けてきたのである。

 

教育現場では「子供を守る」という当り前のことが基本的な「お題目」である。そのことを盾にして学校側にとって都合の悪いことはへ理屈言ってオブラートに包み上手にやんわりと子供を守ると同時に、「いじめ自殺」で時々露呈する隠ぺい体質をみればわかるように結果として腐った学校側も守るのである。

 

そして思い出したくもない不祥事を一日でも早く闇に葬り忘れるために地域と議論を重ねて決着を図り、こういうイヤなことは数年で何事もなかったように忘れ去ってしまうのである。いい気なもんだな。

子供たちにはショックだろうがこれも人間の真実であり、大人になったら時としてこれよりはるかにひどい現実に直面する日が必ず来るはずである。

 

私の子供のころも「尊敬する大好きな先生」と戦後のどさくさに紛れて教員になったような担任もいた。この「千葉」という与太者先生は朝まで飲んだのか酒臭い息を吐きながら廊下をフラついて歩き、消火ホースのボックスには小さな酒瓶を隠していた。嘘のようだが本当の話である。フォークダンスの時には若い女先生の肩や腰に手をやり、今まで見たこともない笑顔をみせていた。私たち男の子全員は、地面に届くほど鼻の下を伸ばしたスケベ男の心のうちはすべてお見通しであった。

女先生の表情の消えた顔を見て皆が嫌なスケベ先生だなと子供心に思ったものである。

 

 

私が考え込んでしまうのは発覚するまで16年間のことである。いったいこの時間はどういう意味をもち何だったのだろうかと。

 

この人物を支えてきた偽善と欺瞞に満ちた学校側や教組も、周りの人間たちも問題なのだがこういう視点から取り上げられることはない。

特に教師間の男女関係は普通に珍しいことではないし、「失楽園」状態の職員室は数校に1校はあるだろう。私の実感では、性情報が氾濫した今の時代ならもっと多いはずである。

学校というところは警察同様スキャンダルを最も嫌う隠ぺい体質の最たる職場のひとつである。

「子供を守る」と同時に「教育者」としてのプライドと自負を守るために、いろいろと工夫し阿吽の呼吸で口止めし表沙汰にならないようにするのである。

 

一般的に教育者のスキャンダルは程度の差こそあれ山ほどあり、たとえばこれは発覚した氷山の一角にすぎない。つまり偶然バレただけのことである

 

『 逮捕の校長 「覚醒剤 自分で使うため」 』

『 覚醒剤所持容疑、中学教諭を逮捕 警視庁 』

『 覚醒剤使用容疑で小学校教諭ら逮捕 北海道警察 5年生のクラス担任 』

 『 64歳元校長、比で1万2千人以上買春 自宅から写真15万枚 児童ポルノ製造の疑いで逮捕 神奈川県警 』

 

 

 偽善者の裏の顔と潜在化の意味を説明する必要はもはやないだろう。

残念ながら教育者の本性はこういうものなのである。

 

 etc

 

http://nigaicoffee.cocolog-nifty.com/oyajinokareishu/cat40316122/index.html

 

教員の不祥事を暴く場ではないので、もうやめるが、発覚せずに潜在化している不祥事がどれほどあるかは想像に難くない。

 

おめでたい市民たちは蒸し返したくもないだろう。

このようなことに限らず世の中の裏で行われていることにもっと「想像力を働かせて」ネ。

私自身を「公安事件」にした1979年当時の教職員、特に過剰反応した「闘うこと」が好きな亡き委員長や私の席隣の元幹部、教組幹部その他教育関係者そして公安関係者各位に捧げる。

こういうのを「スキャンダル」というのである。
偉大な教頭」と「同僚の女教師」が社会に与えた衝撃と「教育者の裏の顔」は永久に語り継がれなければならない。


2007/10/02 読売新聞
女性600人のわいせつ画像投稿で報酬、小学教頭を逮捕

16歳の少女に報酬を支払ってみだらな行為をしたとして、札幌中央署は1日、札幌市立星置東小学校教頭、細田孝幸容疑者(54)(札幌市手稲区富丘)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕した。

細田容疑者は写真雑誌の投稿の常連として知られ、「知り合った女性約600人のわいせつな写真や映像を撮り、複数の写真雑誌に投稿していた」と供述。同署は、細田容疑者が、投稿で7年間に計約1800万円の報酬を得ていたとみて余罪を追及している。

調べによると、細田容疑者は9月21日午後9時ごろ、札幌市中央区の駐車場に止めた乗用車内で、市内の無職少女(16)に現金6000円を渡し、みだらな行為をした疑い。2人は数日前、市内の出会い系カフェと呼ばれる会員制の飲食店で知り合った。


2007/10/02
 共同通信
買春教頭、投稿で月20万 児童ポルノ製造も立件へ

16歳の少女にわいせつな行為をしたとして、児童買春ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕された札幌市立星置東小学校教頭細田孝幸容疑者(54)が、雑誌へのわいせつ写真投稿で「月20万円ほど稼いでいた」と中央署の調べに供述していることが2日、分かった。

中央署は近く同法違反(児童ポルノ製造)容疑でも立件する方針。ペンネームを使い誌上で行った対談では「初投稿は1991年」としていた。細田容疑者は写真投稿雑誌に、掲載謝礼として2000年以降、計約1800万円を受け取っていたことが判明している。

細田容疑者は買春容疑について、1日に逮捕された際は「覚えていない」と話していたが、その後の調べに「相手が言うなら間違いないと思う」と認め始めているという。

 

 

 

札幌の「エロ教頭」が少女たちにかけた「魔法の言葉」

2007/10/ 3 12:18

 

札幌市立星置東小の細田孝幸教頭センセイ。この男の写真パネルをトントンと「みのもんた」が小突いた。

みの.png



 




 
「教育現場でいろんな不祥事が起きている。こんな教頭がいたら、安心して女の子を学校にやれませんよ」

札幌中央署は101日、16歳の少女に現金を渡し、いかがわしい行為をしたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで細田孝幸教頭(54)を逮捕した。家宅捜査したところ、大量の写真、DVDが・・・

教頭として朝一番に出校して、帰宅は小学校の戸締りをしてから。「とても誠実で温厚な人柄だった」校長や父兄たちはこう証言している。

これがオモテの猫をかぶった顔だった。ウラの顔は"トンデモ・エロ教頭"だった。

ウラの名前は「アスピリンスノー」――モデルをやりませんか。少女たちにやさしそうに声をかけて接近する。本業は教師だから身なりはきちんとしていて、話術も達者だ。クルマは国産高級車。

「モデルは少女にとって魔法の言葉」この手口で臆面もなく17間。カネを渡して約600の少女たちとわいせつ行為をして、いかがわしい写真を撮り、成人向け投稿雑誌の45社に送り続けていた。これまで1800万円のギャラを得ていたことがわかっている。

毎晩のように札幌市内の繁華街に出かけて、出会い系カフェで知り合った少女たちを相手にみだらな行為をしてみだらな画像を撮る。


成人向け投稿雑誌の世界ではカリスマ・ナンパ師と呼ばれ、「神のような存在でした」(業界関係者)・・・あきれ果ててスタジオはシーンとした。邪悪な神が札幌の小学校で教頭をやっていた――

 「これだけの悪事を働いてなんでバレなかったのか」

みのの発言にゲスト一同は「ホントにひどい」。少女たちにとって、モデルへの誘いがそんなに魅力的なものなのか。理解を超えているといった空気が充満。

                               ( J-CAST引用 )

 

みのもんた」には言われたくないがネ。

 

北海道星置東小学校の細田孝幸教頭が買春で逮捕!被害人数600人!?

 

北の大地、札幌
この地に住む1人の小学校教頭には裏の顔があった・・・
それは知る人ぞ知る“素人ポルノ投稿界”の有名人だったのだ

この伝説の教頭は「アスピリンスノー」「VK(Virgin Killer)」「リサイクル」「パステルカラー」等のペンネームを使い分け、総額1800万円~2300万円の投稿料を受け取っていたという

 

■身体障害者の妻、年頃の娘もショック隠せず!

札幌にある小学校の教頭が、16歳の少女に対する児童買春の疑いで逮捕された。逮捕さ

れた教頭は、自分で「投稿マニア」だと名乗っていたという。午後4時25分、子どもた

ちが下校した後の星置東小学校に警察の捜索が入った。

逮捕されたのは札幌市立星置東小学校の教頭細田孝幸容疑者(54歳・札幌市手稲区富丘2

前任は新琴似南小学校教頭、札幌北高校卒、北海道教育大学札幌分校(現・北海道教育大

学札幌校)卒。

事件発覚

そして「出会い系カフェ」とは

細田2.jpg






北海道警察札幌中央署によると細田孝幸容疑者(写真)は9月21日午後9時ごろ、札幌・ススキノに駐車していた車の中で、16歳の少女に6000円を渡す約束をして、いかが

わしい行為をした児童買春の疑いが持たれている。

13日ごろ、中央区の出会い系カフェで知り合い、連絡を取り合い食事に誘ったという。車のトランク内には、セーラー服などの衣裳や、写真撮影用の照明なども入っていた。

細田容疑者は2000年からの7年間毎日のように出会い系カフェを利用しており細田容疑者は「(この少女は)18歳未満と知っていたが、わいせつなことをしたかどうか、よく覚えていない」と曖昧な供述をしているという。

 

細田容疑者の自宅からは、過去に撮影したわいせつなDVDが334枚、写真が入った厚

さ1センチほどの封筒の束が264束、セーラー服や手錠、撮影機材などを押収された。

細田容疑者は、逮捕のきっかけになったこの16歳の少女を写真撮影していたほか、20

00年以降積極的に数種類の成人向け雑誌へわいせつな写真や映像の投稿を繰り返してい

た。初投稿は1991年だったと話す細田容疑者は女子高生を中心に約600人分のわい

せつ写真をアダルトショップへ販売したり、成人向け雑誌社4、5社に送り投稿料として

月に20万円計約1800万円2300万円との報道もあり)を受け取っていたとい

う。

 

読者に対し買春アドバイス!?

自らが撮影した映像が掲載されたDVDの売れ行きまでチェック

読者から神と崇められたアスピリンスノーこと細田容疑者の数々の名言

「あくまで紳士的な態度」

 「高級国産車に乗る」

「口臭、体臭を完璧にカット」

 「身なりを綺麗に」

細田.jpg















細田容疑者は、「18歳未満と知っていた。600人くらいの女性に対し、わいせつな写真


を撮影し雑誌に投稿していた」と供述している。

画像や動画は「アスピリンスノー」「VK」「パステルカラー」の名前でコアマガジン社「うぶモード」などのアダルト雑誌へ投稿していた。細田容疑者は雑誌読者に対し「少女に声を掛ける際には、モデルという誘い文句で、紳士的に振舞うこと」とアドバイスを送っていた。写真はアダルト向けDVD制作会社にも投稿され、販売されていたという。

細田容疑者がよく訪れていたビデオ店の店員は「この商品きょう何本売れたの?とやたら気にしていた」と語った。

細田容疑者は少女を誘い出す方法などについて雑誌編集者らと誌面で対談し、投稿を始めた理由として「投稿料がもらえるのでいいと思った。素人の写真を撮ってみようと思った」などと話していた。また“御中元”と称し編集部に女性(もえ、りんか・仮名)を紹介するといった行為をしていたことも明らかになった。

投稿された中には「まい」という女性教諭を撮影したものもあり、捜査関係者は引き続き多数の余罪についても調べていく方針だという

勤務先の校長が謝罪
星置東小の坂本芳明校長は「勤務態度に問題はなく驚いている。子供を指導し、職員も監督する立場にありながら、こうした不祥事は申し訳ない、おわびしたい」と謝罪した。また細田容疑者について「朝は7時前に真っ先に出勤し遅い時は午後8時に退勤していた」と語った。

一つの情報提供から警察は内偵を開始
札幌中央署は「少女の写真やビデオを投稿している男がいる」との情報を得て内偵していたという。札幌市教委によると、細田容疑者は札幌北高校卒、北海道教育大学札幌分校(現・北海道教育大学札幌校)を卒業後、1976年に千葉県で教員に採用され、千葉県野田市で小学校教諭、ブラスバンド部顧問などを務め、1986に地元の札幌市教委に採用され帰郷。山鼻小西野小などを経て、054月に新琴似南小教頭に昇任し、今年4月から星置東小学校の教頭として勤めていた。

《毎日薄野に出かけているにも関わらず、発覚しないのが不思議なことで気づいていた人間もいたはずである。教職員組合は身内の組合員には非常に甘く、「教頭」の昇任にあたってもご丁寧に「推薦」までしているのである。》



関係者もショック隠せず
細田容疑者は周囲の人に対し「私は投稿の雑誌では有名だ」などと話すこともあったという。細田容疑者を知る関係者は「家庭もあり、年頃の娘さんもいらした。なぜそんなことをしてしまったのか」と驚きを隠せない様子で語った。また星置東小の関係者は、「同容疑者は、後輩教員の相談に乗るなど、明るい教頭だっただった。女子児童や保護者からも、そういった苦情もなく、兆候はつかめなかった」と語った。

細田孝幸教頭「女子高生なら最高」

細田容疑者の友人「真面目といえば真面目だった」

3細田.jpg










札幌北高と北海道教育大学札幌分校(現・北海道教育大学札幌校)で一緒だった友人は「高校時代はあまり知らないが、仲間とラグビー部をつくったりしていた。大学では唯物論研究会に所属し、ゼミは日本史だった。特定の女性がいた記憶はないが、卒業と同時期くらいに結婚した。

細田は細身で背が高く、人当たりはすごく良かったが、話し方は曖昧で軟派な感じだった。ひょうきんな面もあったが、自分のペースを崩さないタイプで、真面目と言えば真面目。酒もそこそこ飲むが大きく乱れたりはしなかった。大学時代は、変態みたいな奴ではなかったが…」と語った。
 また、細田容疑者の逮捕については「ニュースを見てびっくりした。立場を忘れてそこまでやるか、あきれるという感じだ。大学卒業後は千葉県野田市で教員をしていたが、こちらに(1986年に札幌市教委に採用)に帰ってきてからは、テレビのビデオ投稿番組に作品を投稿して入選したと話していた。性癖なのか小遣い稼ぎなのかはわからないが、そういった投稿癖が高じてこういったことになったのではないか」と推測した。

「山田企画 山田孝」

 

札幌中央署の調べに対し細田孝幸容疑者は約600人の女性のわいせつ写真を撮影し雑誌に投稿していたことについて、「若い女性が好きだった。投稿は十数年前から始め趣味だった」などと新たに供述していることが分かった。
 調べによると、細田容疑者が事件前、知人に「(わいせつ)写真を撮らせてくれる女性を紹介して。女子高生なら最高」と話していたという。

細田容疑者は毎日のように札幌市内の出会い系喫茶の18歳未満の女性がいるコーナーでわいせつ行為や撮影の対象を探していたという。

そして、細田容疑者は少女らに対し「山田企画 山田孝」という偽名で作った名刺を配り、「お金が困ったら連絡して」と声をかけていたという。

校長が教え子らに報告、保護者も困惑

4細田.jpg



星置東小学校では、2日午前、緊急の児童集会が開かれた。坂本芳明校長は事件について児童らに謝罪した。全校集会はマスコミ非公開で行なわれ、坂本校長は児童の動揺に配慮し、「児童買春」や「わいせつ事件」という言葉を避け、「報道で知っている人もいるかもしれないが、教頭先生が警察で調べられる残念な事件が起きた。

これまで通りに支えるので学習を頑張ろう」とまるで児童のほうが悪いことをしたかのような理解に苦しむ内容の発言をしたが、児童は静かに聴いていたという。事件を知った保護者の一人は「小学校の先生として失格。関わって欲しくない、自分がどういう立場なのかを自覚して欲しい」と声を荒げた。

104日、市教委は細田容疑者に接見して事情聴取を行い、10日午後030分から「札幌市教育委員会会議」を開き、懲戒免職を決めた。細田容疑者はまだ起訴前で、こうした段階で教員の懲戒処分が行われるのは異例。

拘置先で接見した市教委の担当者に対し、細田容疑者は「児童や地域に迷惑をかけ反省している」と述べ、「自身への早急な処分を希望します」と話したという。また学校内でのわいせつ行為は否定したという。

奥岡文夫札幌市教育長は「教育現場における教職員の度重なる不祥事が相次ぎ、学校教育に対する信頼が揺らいでいることを重く受け止めている」として、教育長を訓告、教育次長と学校教育部長を口頭厳重注意としたことを明らかにした。道内では昨年度、わいせつ行為による教職員の懲戒免職だけで過去最多の17件となっている。

ポルノを売って2300万円の収入、そして1600万円の借金 10/19

札幌市立星置東小学校元教頭の細田孝幸容疑者(54)(札幌市手稲区富丘)による児童買春・児童ポルノ禁止法違反事件で、細田容疑者が、わいせつ画像などの投稿で10年間に約2300万円もの収入を得ていたことが、道警札幌中央署の調べで分かった。

 札幌地検は19日、細田容疑者を同法違反(児童買春、児童ポルノ製造)の罪で札幌地裁に起訴した。道警は少なくとも約40人の少女が被害にあったとみて、裏付けが取れ次第、追送検する方針。道警の調べで、細田容疑者には総額約1600万円の借金があったことが判明した。

このうち約600万円は多数の女性と交際するために借りていた。押収した手帳から、細田容疑者が約60人の女性と交際していたことが分かったが、うち約40人が18歳未満とみている。起訴状などによると、細田容疑者は9月21日午後9時ごろ、自分の乗用車の中で、市内の少女(16)に現金6000円を渡し、体を触った。

その後、車内で少女にわいせつなポーズをさせてデジタルカメラで撮影した。札幌市教委は今月10日、細田容疑者を懲戒免職処分にした。

細田孝幸の妻が週刊誌のインタビューに答える

 

夫は毎日、必ず”帰るメール”か”コール”をくれていました。しかし、逮捕の前夜は十二時近くになっても、連絡がなく、私から夫の携帯にかけました。
「会議が長引いちゃった。今、帰っているからね。帰ったら、『いい夫婦』の川柳を考えようね」
 夫は十一月二十二日の『いい夫婦の日』に際して募集されていた川柳の企画を見つけて、作品を送ろうと二、三日前から、二人であれこれと考えていたのです。後に留置されている夫と初めて面会した時、まず私は尋ねました。「逮捕された前の夜も『出会い系喫茶』に行っていたの?」夫は頷きました。その瞬間、私の中で全てが音を立てて崩れていきました。


細田孝幸は16年前がワイセツ写真の初投稿という。およそ結婚生活の半分を彼は外でワイセツ行為をしていたことになる。妻の手記では、なぜ気がつかなかったかというと、彼は完璧な夫だったからだという。

身体障害のある妻の嘆きは続く-

「俺たちってどうしてこんなに仲がいいんだろうね」それが夫の口癖でした。「ずうっと、一緒にいようね」それも夫の口癖でした。よく、二人で出かけました。出かけて帰って来た夜は「今日は楽しかったね」といつも言っていました。映画も観に行きました。温泉にも行きました。旅行もしました。「いつか昭和三十年代の部屋を作ろう」と二人で骨董店に足を運び、少しづつ旧い物も集めていました。私の誕生日には必ず花束を届けてくれました。結婚記念日には私の手作りのウエディングドレスを着て写真を撮りました。


 夫は家を抵当に内緒で五百万円も借りただけではなく、消費者金融や、私にはよくわからないところからも一千万円以上のお金を借りていました。夫を信じきっていた私は全てのお金を夫に任せていました。週に一度、夫に車で連れ出してもらう以外、一切、外出しない私は自分でお金を使うことがないので、要らなかったのです。私の障害者手当てでさえ、夫の掌中でした。でも、いつも夫は「お金がない。足りない」と言っていました。家計費からさえ持ち出していたのです。
 給料も退職金も出ない今、私と母は土地も家も失うことになり、生活に困っています。夫が免許を取り上げられるほどの重大な事件を起こし、社会的に大きな影響を与えてしまったのですから、当然です。でも、私と母は今どうやって生きていけばいいのか分かりません。

アスピリンスノーこと細田孝幸が利用していた出会い系喫茶で事件

札幌市中央区南3西4の出会い系カフェ「あいのり」の元従業員に暴行を加えたとして札幌中央署は25日、経営者の稲熊幸治容疑者(40)=同区南3西1=ら2人を暴力行為法違反容疑で緊急逮捕した。「客に手を出してはいけないというルールを破ったので、罰金

30万円を払わせようと思った」と動機を供述しているという。

 

「あいのり」は少女にわいせつ行為をし、撮影した写真を投稿していた元同市立小学校

教頭の細田孝幸被告(54)=児童買春・ポルノ禁止法違反罪で起訴=が少女目当てに出

入りしていた店。調べでは、稲熊容疑者らは24日午後7時35分ごろ、同区南4西3で乗用車に乗っていた同店元従業員で胆振管内洞爺湖町の無職男性(23)の携帯電話を壊し、運転席から引きずり降ろそうと腕を引っ張るなどした疑い。男性は7月から同店に勤務。客の高校2年の女子生徒と食事に行くなどしたことがばれ、罰金を要求されたため、9月に逃げていた。稲熊容疑者らは24日に来店した女子生徒に頼んで男性を呼び出して

もらい、待ち伏せしていたという。

 

                                                      ( ブログより引用 )

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

725 726 727 [公安警察の本当の手口]


                                         725 726 727



公安のヤクザ者たちが何をやるか、具体的でわかりやすいそのいやがらせの一部を紹介しよう。

車の盗難防止の電子キーの解除、施錠はすでに紹介したが公安は国家権力を背景に活動している窃盗集団のような組織である。公安が関与した場合鍵や錠などはほとんど意味をなさない。

ターゲットによって使い分けているのだろうが、実際に物をとることは私の場合は少なかった。しかし本人にだけわかるように、証拠にならない「侵入した」ことを示す「痕跡」は残す。

以前「高校の卒業アルバム」をT高時代にアパートの2階の「公安のドブネズミ」に盗まれてしまったことがある。私の不在の時に「家宅捜索」をして情報を収集されていた形跡もあった。今はPCやスマホを使ったセキュリティが発達しているので住居侵入はある程度は防ぐことが可能だろう。

ただしヤル気でやっている公的機関はそれを破る方法を必ず持っているはずだ。

単純な窃盗目的なら単純に侵入を防止することが一番に心がけることである。

「防ぐこと」も必要だがしかし本当の問題は、こんな状況におかれていることなのであり、根本的な解決にはならないのである。

暴力団よりタチの悪いこの組織はあらゆる技術を悪用しあらゆる方策を駆使して私に関わってくる。

公安その気になって本気でやる場合、裁判所の令状など必要ないし、本人に提示などするわけがない。これが「公安の本当の手口」である。

CIAのスノーデンが暴露して問題になったが、何千万件という携帯電話の会話が普通に盗聴されている。たまたま表面化しただけでこれが現実であり、裏ではもっと酷いことが行われているはずだ。

公安警察が誰もがわかるようにビデオカメラ数台担いで「他人の敷地でビラをポストにいれた」などと裁判沙汰になっていたり、公開で「家宅捜索」をするのは公安のパフォーマンスの意味合いが強い。これ以上は今は言わないが。

公安調査庁に泳がされていたといわれるオウムの菊地直子はかなり前から監視されていたとの話もあり不在時に住居にも侵入されていたそうである。

ただしこの手の話は「ガセネタ」の可能性もあるが、私の体験ではあり得ることだと思う。

組織存続が盤石の状態になったので「用済み」になったオウム事件の菊池、高橋克也、平田信らをバタバタとイモずる式に逮捕されるように仕向けたのではないか。

なにせ最近では「日本版CIA」を目指しているとか。20年前のオウム事件のときにはとても考えられない展開である。

公安部と公安調査庁はまったく同じターゲットに対してほとんど同じような活動をしている。「逮捕権」などの違いはあるものの同じような機関は二つもいらない。

東西冷戦終結後にはなおさら不要な行政機関になっていて人員削減や組織を縮小しながらのリストラ対象機関のリストに挙がっていた。

ところがオウム事件を利用して息を吹き返し、さらにへ理屈つけて「アレフ」や「ひかりの輪」を存続させ、自らの組織も存続させたのである。

うまいことやったなオイ! 日本版CIA

窃盗目的ならすぐに刑事事件になるのだが、公安による幼稚な工作活動はむしろもっと悪質である。幼稚と書いたが実は本当にすごいストーカー活動、工作活動なのである。

公安のチンピラたちによる暇人組織が実行しなければ絶対にあり得ないことである。

24時間体制(遠隔監視を含む)で張り付く「プロの暇人たち」でなければ絶対に不可能なことである。

彼らは権力という目に見えない力を誇示していやがらせをし、私たちを弄んでいるのである。公安という国家機関が「」と自分たちの活動にとって「都合のよい理由」を大げさにねつ造し、特に私に精神的な苦痛30年以上与え続けているのである。

「国家機関が一個人にそんなことやるわけがない」と思う方がいるかもしれないが事実である。

実はやられている当の私が一番驚いているのだが、まさに驚天動地とはこのことである。

まさか私の周りで公安が活動していたなどとは微塵も疑わず、想像を絶することだったのである。

仮に100歩譲ってどんな理由があるにせよ、国家機関が一個人に30年以上にわたって生活のあらゆる場面で干渉し、プライバシーを侵害して辱め、私の人権をズタズタに蹂躙し、人を侮辱し、名誉を棄損し私の生活や人格を破壊するような活動が許されるのか。

偶然を装ったストーカー活動は日常的におこなわれているが、最大の特徴は公安の指示により刑事告訴されるような証拠を残さないように周到かつ狡猾に行われることである。

そんなことができるか、公安がそんなことをするかと疑う人もいるだろう。

たとえば危険人物による破壊活動を防止するためとか言って危険を煽り、捜査の一環として「警察手帳」を提示して協力させることなど簡単なことだろう。

警察ならば「捜査上の秘密」で組織的にストーカー活動に協力している協力者たちを完璧に口止めできるはずである。

組織的なストーカー活動は被害者に甚大な精神的苦痛を与えているのだが、国家機関が関与し口止めしているので、協力者の「証言」を得るのもほぼ不可能であろう。「証拠」の確保云々を言う人もいる。気持はわかるが公安という「証拠のプロ」はあらゆる手段を使って阻止してくるので一筋縄ではいかず、第三者が考えるようには事は単純には運ばない。

20141202020分頃モエレ「たまゆらの杜」にて

下足箱のロッカーは「靴」を入れて100円を入れて鍵をかける。帰る際解錠したら100円が戻ってくるしくみである。

下足箱のカギは「着替えのロッカー」にいれ「着替えのロッカーの鍵」は自分の手首にはめる。

[「銭湯に行った際」1915]

私は725に靴を入れ100円を入れカギをかけた。番号を確認してカギをポケットに入れる。

妻は725の真下の726に靴を入れ100円を入れてカギをかけた。

100円を入れなければカギはかからない。

二人で施錠番号を確認してから受付でそれぞれの着替えのロッカーキーを受け取る。

[「銭湯の帰りの際」2020分ごろ]

受付にロッカーキーをそれぞれ返す。

私が725の下足ロッカーをカギであけると100円が戻り、見知らぬヨレヨレの男物の黒靴がでてくる。私は意味がわからず目が点になっていると、妻が726をカギで開ける。

100円が戻り、妻の下足ロッカーにはなぜか私の靴が入っている。事態の意味がわからずポカンとしている妻。そして妻は自分の靴がないのに気付きあわてて捜す。そしてその真下の鍵がささったままで使われていない727をたまたま開けてみた。

私たち二人には最初からまったく身に覚えのない、キーがついたままで使われていない727から妻の靴が出てきたのである。

上下で隣接する725726に入れたことはふたりで最初に確認済みのことであり、もとより727は私たちとは全く関係のない下足ロッカーである。

窃盗目的なら合鍵を作り技術的に可能なことで「小さな事件」だろうと思う。

しかしこれは違う。衆人環視のもとで事前の「根回し」を含めあからさまにこれほどのことを可能にするのは公安でなければどういう組織、団体か。そもそもなぜこんなことをする必要があるのか。

苫小牧の「なごみの湯」では大胆にも私の車を白い軽トラックの前に移動させて、体を洗っている泡だらけの最もタイミングのいい(わるい)ときを狙って呼び出した。

後日、ガラガラにすいていたのに「偶然にも110のロッカーキーを渡されたものである。

公安の指示をうけた無知な上司の命で受付のバカ女がやったことなのだが、公安は弱い立場の人間には、いつでも「からかう」ほどの余裕があり自信満々である。

私に対しての一連のことは窃盗や傷害などの単純な刑事事件よりも悪質であると思うのだが、皆さんはどう思うだろう。ニヤけて指示を出している国家機関である公安のチンピラどもを八つ裂きにしてやりたいほどの悔しさ怒りをわかっていただけるだろうか。

札幌市北区を舞台にしてこのようなことを計画し、そして実際に実行できるのは私には道警公安課と公安調査局の二つの公安しか思い浮かばないのだが「異議があれば」私の方に連絡をください。30年以上前の南のKからの経緯を公安を含む全ての関係者、教育庁、学校関係者、全ての偶然の協力者たちへの詳細な調査、事情聴取をし、検証をしていただきたい。そして私が何をしたのか公安がいままで私に何をしてきたのかの厳密で公正な調査をお願いしたい。  お待ちしてます。

  

                            かしこ

  「殺すぞ!! こら~ 公安の馬鹿ども!

(なぜかこの記事が消去されていたのでとりあえず復活させた。)
2014.11.6
 



続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【稲葉事件】 警察を疑うことができない人のために [警察の組織犯罪]

1. 

   

行間から立ちのぼる警察組織のすさまじい腐臭。これは一北海道警察だけの問題ではない。20039初版の帯に書かれた佐野眞一氏の言葉である。

 

曽我部司著『北海道警察の冷たい夏―稲葉事件の深層』という渾身の書き下ろしで、出版当時はある程度話題になった本であった。

最近では刑期を終えて出所した稲葉氏本人の「告白本」が出版されているが、事件の背景の客観性とマスコミの対応も含め事件を俯瞰的に眺めている曽我部氏の著書のほうが皮肉にも当事者本人の「言訳本」よりも「稲葉事件」の本質を捉えている。

 

この事件が我々に提示した「問題の核心」が、稲葉氏の告白本の帯に書かれている覚醒剤のや拳銃のではないことは事件のことを知っている人は皆わかっていることである(真実を隠そうとする勢力を除いてのことだが)

 

20027月に発覚し翌年に判決が出ている事件を扱い、この本が世間に広まれば「警察は持たない」のではとさえ思わせる内容であり、公安(公安警察と公安調査庁)により「デッチあげられた監視弾圧対象者」である私も当時は他人ごとではなくその後の展開(メディアがあらためてこの事件についてどう扱うか)を注目していた。

 

しかし出版2ヶ月後には「裏金問題」がテレビ朝日でスクープされ、さらに数か月後に北海道ではダメ押しのように原田氏が登場し「道警の裏金問題」を記者会見で語り始めた。全国の注目が集まり、連日「稲葉事件」の数倍もメディアに取り上げられ、日本全国「警察の不正経理問題」が話題の中心になり、名のあるジャーナリスト達も皆、国家の一大事の如く語り出し追求し始めた。そして警察が組織として立ちいかなくなるような「様々な問題を孕んだ深刻な稲葉事件」を隅に追いやり矮小化してしまったのである。

 

報道機関を代表とするメディアやジャーナリスト達が「真実」を追究し常に「真相」を暴くわけではないようだ。場合によっては、その内容によっては「力のある側」によりかかり、見てみないふりをし、話題を逸らして隠蔽に協力するようである。小さな事件を意図的に大きく見せるためにスクープ情報を提供して「本当の巨悪」の真相から目を逸らせたり、企業としてのメディアとなんらかの取引材料にする手法は昔から珍しくはない。

 

当時私は、警察組織がひっくり返るような「稲葉事件」よりもなぜ「裏金問題」なのか不思議に思っていた。意図的な「問題のすり替え」のような感じすらしていた。

「稲葉事件」とは20027月に発覚し20034月の「稲葉個人の犯罪」の判決で表面上は決着したかにみえる事件である。その詳細を知ってる人は全国的には少ないと思うのだが。もしそうだとしたら、警察権力がメディアを介しての「情報操作」に成功した、あるいは警察に加担したマスコミが徹底的な追及をせずにほかの事件や報道で国民の目を逸らすのに成功したでもある。

 

刑期を終えて出所した稲葉氏本人の「告白本」が昨年10月に全国の書店に平積みされて、あるジャーナリストが「感激?していたので当時と少し状況がかわったのかもしれない。しかし当時は稲葉事件の闇よりも裏金問題の方に積極的だったはずだ。不思議な光景である

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 2.( 暴露本 ) [警察の組織犯罪]

2. ( 暴露本 )

     

20039月に出版された曽我部氏の「稲葉の絡んだ事件の詳細な状況」と背景を考察した暴露本の登場で、稲葉警部個人の犯罪での決着をもくろんでいた道警にとっては致命傷になると思われた。

この年には、警察にとっては触れてほしくないことがてんこ盛り状態の本が、織川氏、曽我部氏と立て続けに出版され、特に曽我部氏の著書の全体のトーンは稲葉個人の悪徳ぶりよりも北海道警察本部の組織犯罪、腐敗、隠蔽で貫かれ、当時の報道機関の不自然な対応にも言及している。

 

道警の腐れ具合が世間に広がりを見せ始め、北海道全体がよどんだ空気で覆われ何かスッキリとしない状況のなか20042月に「裏金問題の大御所」の登場である。

これを合図のように、マスコミも活気づき生きいきとして「道警のかつてない大不祥事」として「不正経理」を報じ追及をしはじめたのである。

 

あの発覚のタイミングを考えると、マスコミと警察がまるで示し合わせたかのように「警察犯罪史上最悪の事件」を、私には目くそ程度に思える小さな「裏金問題」にすり替えてしまったようにしか見えなかった。かつて1999年の神奈川県警の事件が警察犯罪としては史上最悪といわれていたが「稲葉事件」が警察犯罪史上最悪の事件であることは誰の目にも明らかである。

 

1999年に神奈川県警察本部外事課の警部補が覚醒剤を使用した事実を把握していたのに県警本部が組織を挙げて事実を隠蔽しようとした事件である。結局本部長や警務部長ら幹部9人が書類送検され、本部長5人の幹部警察官が執行猶予つきの有罪判決を受けた。

本部長監察官室を支配する警務部長が中心となり事件を闇に葬ろうとしたのである。

県警トップが罪証隠滅に関わり、監察官室は実は警察の組織防衛のために機能していることが明らかになったのである。

警察不祥事の中でも前代未聞といわれ最悪といわれていたが、その3年後に神奈川県警をはるかに超えることが北海道警察本部で起こっていたのである。
  

道警裏金問題では最終的に「裏金の流用分」を「北海道」に約25千万円返納しさらにその後「国」に国費流用分約66千万円を返納している。そして懲戒が98人で減給、戒告、さらに2,700人ほどが口頭注意、口頭厳重注意等々で、懲戒といっても結局最も重いのが停職1カ月という免職なしの大甘処分である。人数こそ多いが皆で仲良く責任を分担しあって一件落着である。

元々が裏金問題など稲葉事件で露呈した警察権力の悪質さに比べればその程度の事件なのである。

 

裏金問題報道をめぐる北海道新聞社と道警側の名誉棄損訴訟裁判において道新が道警の

顔を立てるための「手打ち」をめぐって200610月にシンポジウムが札幌で開催された。パネリストは、一応原田宏二氏、大谷昭弘氏、宮崎学氏、田原総一朗氏、山口二郎氏となっている。大谷氏が実際に出席したかはわからない。

実は、このシンポジウムの内容が何年か前に検索した時と内容が全く違う記憶があるのだが、記憶違いか確認できない。・・・・・・・・? 

いずれにしてもこれほどのメンバーが道警本部の近くの会場に集まって「語り合う」ほどの問題とは思えないが。

  

裏金問題関連での報道をめぐっての場外乱闘で錚々たる面々が集まり国民の注目をそちらに(道警裏金問題がさも重大事件であるかのように)向けさせてるように私には見えたのだが。私の邪推か?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 3. ( なぜあの時期に ) [警察の組織犯罪]

3.   ( なぜあの時期に )

裏金など何十年も前から行われてきたことでどこの県警でも目立たないよう普通に行われていたはずである。

警察に限らず裏金と呼ばれる公金横領は日本のあらゆる公的機関で昔から行われている。個人の横領は別としても、カラ出張旅費やカラ時間外手当を請求しプールして歓送迎会や親睦会の一部として本来の目的外に使われることは、公務員の世界では慣習のように昔から行われてきたことで特殊なことではない。「組織全体の円滑な運営のために公金を便宜的に使わせてもらった」程度の共通認識で罪の意識をもつ者はほとんどいないだろう。

しかし犯罪であり悪しき習慣であることに変わりはない。

 

原田氏によると稲葉事件が起きた原因のひとつが裏金問題であると書いている。全く無関係とも思わないが、こじつけのような感じがする。直接に事件の引き金になっているわけでもない。稲葉事件は裏金問題とは全く「別の次元の問題」といってもいい事件である。

数名の道警幹部が関与し二人の関係者が自殺(一人は変死)に追い込まれ、道警のSのなかに行方不明の者もいる。稲葉の犯罪集団と取引関係にあったロシアマフィアは韓国で射殺されている。

かなりインパクトのある事件なのだが当時のマスコミも積極的に追及したようには見えないフシギな事件である。

  

一時期「原田氏の部下であった稲葉」の事件がなければ裏金の告発はなかったとも述べている。告発を決めた際に道警からの引きとめや脅しがあったそうだ。

稲葉に絡めて「稲葉事件の」から世間の関心を逸らさせるにはうってつけの役どころで当時は最適の人物の登場だったかもしれない。

 

ネット上での巧妙な自作自演を見慣れすぎ、協力者たちの「組織的ストーカーに関する」を散々体験してきた私は、社会的に立場のある人間であっても言ってることや行っていることを今ではそのまま素直に受け入れる事ができなくなっているのです。

 

警察官が組織ぐるみで公金を横領しているのだから事件であることはまちがいない。

私が不審に思っているのは、なぜあの時期あのタイミングで道警の裏金問題にスポットライトを当てなければならないのかということである。

  

やるんだったら「稲葉事件」の全ての闇を解明してからでもいいではないか。稲葉事件の何年も前からできたことではないか。錚々たるメンバーが集まって語るべきは、「道警の裏金問題」などではなく「道警の稲葉事件」ではなかったのか。

どこかの誰かさんもとってつけたように、裏金問題と一緒に稲葉事件をとりあげているが、稲葉事件などもう既にどこかに吹っ飛んでしまったようなものである。最近では稲葉氏の告白本に絡めて裏金問題との辻褄を合せているようだが当時の状況は全く違うものであった。

                                                                                                                                 

1年ほどのほぼ同時期に発覚し、北海道警察が組織として関わった2つの不祥事「稲葉事件」と「不正経理問題」の重さを考えた時、マスコミが取り上げジャーナリスト達が追及すべきは稲葉事件の背景の闇ではなかったのか。組織防衛のために都合の悪いことを隠蔽し闇に葬り去る警察組織の閉鎖的な体質こそがはるかに大きな問題だろう。

スクープ番組による裏金問題の発覚、そしてそれを補強するようにダメ押しするような

既に退職して傷つくこともない道警OBタイミングよすぎる登場による「不正経理」の内部告発。

     

曽我部氏や織川氏の衝撃本の出版後に道警の「裏金問題」の唐突な発覚である。

を切らしてを断つ」という典型的で効果的な隠蔽工作の臭いがする。組織防衛のためにマスコミをまきこんだ大掛かりで狡猾かつ巧みな隠蔽の方法ではないのか。

警察組織の痛手を最小限でくいとめるために、「稲葉事件」そのものを矮小化するため

マスコミも側面から隠蔽に加担している可能性があることに気付いたとき(なぜ裏金問題なのか!)当時は私も背筋が寒くなったものである。

  

メディアが警察権力の組織的な腐敗を隠蔽する側にもしも加担するとしたら(事件に消極的という意味である)、新聞社や特にテレビ局を始めとしたメディア関連企業の都合によるものであろう。

警察官、教員もそうだが個人の性欲や物欲による犯罪や不祥事は「人間だもの」ある意味仕方のないことで、組織全体を考えれば許容範囲内である。警官が携帯のカメラで若い娘のスカートの中の危険物捜査しても大きな問題ではない。被害者の個人情報を加害者に洩らしたり、個人のストーカー被害よりも「宴会」を優先しその結果被害者が殺されてもまだ許容範囲である。メディアも警察の不祥事としてはりきって徹底的に追及するだろう。

 

しかし稲葉事件のようなケースでは違う。

警察組織全体が不正の元凶であるかのように著しくイメージダウンしたり、ましてや複数の幹部警察官が直接関与し本部長以下が見てみないふりをしたり結果として警察組織が犯罪に関わっていたなどという事実は絶対に知られてはならないことである。

もしバレテも最小のダメージにするべく巧妙な警察の組織防衛が始まり、メディアは「慎重に」様子を見ながら、警察の顔いろを窺いながら行動するはずである。

 

たとえば、基本的に警察や国家権力組織関係(FBICIAも含め)の主人公がヒーローとして描かれなければ、結局のところ映画、テレビドラマ、小説等が成り立たない。

刑事や捜査官はヒーローで、警察機関も正義を実現する組織でなければならない。

警察組織自体が腐った組織なら年間何十本もの民放各局の24時間警察密着のスペシャルといった警察の「真面目な仕事ぶり」を宣伝する警察御用達番組なども制作しずらいだろう。

その意味でもこの稲葉事件は警察側にもメディア側にも両方にとってのやっかいな問題であったろう。

あれほどインパクトのある事件が、巧妙な隠蔽によりその詳細なるべく全国的に知られないよう矮小化して風化させてしまったのは、お互いに両方の事情を配慮したいわばメディアと警察の「共同作業」の結果である、と私は考えている。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.( 裏金が重大 ? ) [警察の組織犯罪]

4.  ( 裏金が重大 ? )

      

冷静、公正に考えれば稲葉事件のほうがはるかに深刻な問題だと皆が思っている筈。そう考えた私の見方は偏っているのか。

嫌がらせや脅迫のなかでおそらく命がけで取材、追及したであろう当の曽我部氏は、「北海道警察の冷たい夏」出版後2カ月ほどのタイミングで発覚した裏金問題についてどう思っていたのだろうか?

事件の数年後の著書の中で、私の数年来の疑問に答えてくれる一節を見つけた。

 

その間にテレビ朝日の「ザ・スクープスペシャル」によって明らかにされた道警の不正経理問題もあった。野心の上に正義をかざした人たち鬼の首でも取ったかのように喜んでいる姿を横目で見ながら、私は「稲葉事件」のその後を追いかけていた。 

     

                           曽我部司「白の真実」

 

大手メディアのお抱えのような評論家、一見権力側の批判を展開しているようにみえるのだがどこか白々しい有名ジャーナリスト達。「裏金問題」でなぜか活況を呈した当時のマスコミの様子を、冷静な口調ではあるが痛烈に皮肉っている。道警の二つの不祥事問題でジャーナリストたちが取るべき本当の「鬼の首」は、「稲葉事件の背後に広がる闇」の解明ではなかったのか。警察権力ののような一面を暴き検証告発することではなかったのか。

暴露本の出版による警察組織への影響の大きさを考え、あえて「裏金問題」を発覚させ国民の関心をそちらに向けさせたのではないのか。

著者もあのタイミングでの「裏金問題」の発覚に対しては違和感を感じていたように私には読める。

 

警察とマスコミの関係を示す話として、曽我部氏はこういうことも書いている。

ある道警記者クラブに席を持つ記者が私にぽつりと話した。「この事件を突っ込んで取材すると、他社を抜くネタを拾えなくなるから・・・・・」

正直に告白する記者がいることはまだ救われる思いがする。普通マスコミはこのような裏事情については正直に伝えないことが多い。

 

フリーである著者は当然取材に制約を受けるだろうが、警察記者クラブ所属の記者はまるで「無言の恫喝」をうけているようだ。警察側の意に反する取材は踏み込んでできない雰囲気になっているようである。しかしこれはマスコミ各社どこも同じで警察担当の記者が警察に餌付けされ子飼いのようになっているのは必然的で限界でもある。

談合ジャーナリズム」の記者達に真相の究明を求める方がまちがいなのだろう。

彼等は警察の「大本営発表」をほとんどそのまま記事にするしかないようだ。

 

刑事警察でこの状況である。秘密警察である公安に関した事ならばいったいどういうことになるのだろうか。心配ご無用、公安警察にとって都合の悪いことなど初めから存在しないことになっているので報道の際に問題になることなどひとつもないのです。秘密警察の予算の本当の執行状況や捜査活動の実態がすべて非公開とはこういうことなのである。

公安警察においては、仮に稲葉事件を凌駕する事件が内部で起こっていても表面化することは絶対にないので最初から隠蔽工作など必要ないのである。本物の「内部告発」があれば別だが。いままでも告発じみたことはあったが「公安警察の体制」に全く影響のないことばかりである。

 

刑事警察には一応「メディア」や「マスコミ」の「監視カメラ」がついている。機能していない事もあるが。しかし公安警察という権力機関には最初から「監視カメラ」がつけられていないので告発のきっかけすらない。つまりやりたい放題の野放し状態にあるということである。

 


5. (犯罪集団) [警察の組織犯罪]

5. (犯罪集団)

 

稲葉事件当時の小樽や札幌周辺で中古車業を営んでいるパキスタン人の顧客殆んどがロ

シアマフィアである。札幌市内やその近郊には正規の中古車業者は山ほどあるので怪しい胡散臭い外国人の店で怪しい中古車をわざわざ買う日本人は皆無である。

つまりロシアマフィアが主にロシア船員と商売するためにパキスタン人に中古車業をやらせているわけだ。

 

ロシアマフィアのフロント企業であるパキスタン人による中古車業者マリックと、「稲葉という警察官を頂点とした渡辺司、工藤、小山、石上、小林という道警のSたち犯罪集団」が、密接に絡み合うことでより強大な犯罪集団を形成していた。彼等S たちの前科の合計は8犯になる。

 

稲葉が主に使っていたS5であるが全部で20以上いたと公判で稲葉自身が証言している。稲葉だけではなく生活安全部が銃器と覚醒剤の摘発のために「捜査協力者」として暴力団関係者を常時13人ぐらい(途中で服役の者を除く)は使っていたことになる。

「恥さらし」のなかでは密接に付き合っているSは常に10人ぐらいいたとも稲葉は語っている。

 

この稲葉を頂点とした犯罪集団は小樽港に寄港したロシア船船員を通じてロシアマフィアから覚醒剤や拳銃を仕入れる

そしてその覚醒剤や拳銃をS(捜査協力者)に密させ、その売った先を稲葉が検挙する。

Sであり稲葉が拳銃押収で並はずれた実績を挙げたカラクリのひとつである。

   

逮捕の数年前から稲葉は覚醒剤の使用だけでなく直接自ら密売もしている。

Sを使うようになってから稲葉は道警からの毎月の給料をまるごと別居の妻に渡し、覚醒剤や拳銃の密売取引で得た金は自身の生活費やSたちの面倒をみる経費として使っていた。

 

年間600以上の盗難車をロシアマフィアに売り、支払いが全て現金ではなく時には北朝鮮製の覚醒剤やマカロフなどの拳銃や密猟カニで支払われる。

渡辺たちSの仕事のひとつが代物支払いされた物を換金するために売りさばくことである。

そして、カニ以外の「覚醒剤」や「拳銃」を買ったものたちを検挙するのが稲葉の仕事であり、事件を造り上げて実績をあげていたのである。

渡辺は盗難車を小樽港に移送してマリックに引き渡し新潟港や留萌港などに持ち込まれる覚醒剤や拳銃を引き取って運ぶという最も危険な仕事もさせられている。

 

ロシアマフィア関係者によると、稲葉の逮捕後にパキスタンに逃げたマリックは小樽港の税関職員から埠頭を閉鎖しているゲートの合鍵を受け取っていたという。その見返りに密輸した車一台当たり数万円をマリックたち犯罪集団は税関職員に支払っていたという。

 

小樽港や石狩湾新港は事件捏造おとり捜査の舞台となり、盗難車や拳銃や覚醒剤の密輸をめぐって警察、暴力団、ロシアマフィアさらには税関までもが入り乱れて犯罪の秩序が構築されていた。

  

199711月に小樽港の岸壁付近で張り込んでいた道警銃器対策課の捜査員たちによってアンドレイというロシア人船員が現行犯逮捕された。逮捕容疑はトカレフと実包16発を持ちこんだ銃刀法違反、所持である。

この拳銃押収事件は、道警稲葉S(捜査協力者)であるマリックとその従兄弟のハンザフルと渡辺司の事前の綿密な打ち合わせにもとづく捏造事件である。

 

拳銃1と嵌められた「人身御供にされた逮捕者一人」の目立たない事件なのだが道警が組織的仕組んだ捏造事件の中でも象徴的な事件である。

この事件のポイントはロシア人の拳銃所持事件を立件するのと引き換えにパキスタン人たちは盗難車の密輸道警に許されていたということだ。しかも税関を通さずに船に積み込むというやり方で。 

 

公判でアンドレイの国選弁護人はハンザフルとマリックを利用した道警の違法な囮捜査であるということを一貫して主張し続けた。

三人の警察官(方川、千葉、稲葉)検察官の了解の上、法廷で偽証し、検面調書においてもSたちに虚偽の供述をさせている。札幌地検の検察官共謀していたということだ。

警察官を証人として法廷に出廷させる場合、銃対課長や生活安全部長などが検討会を何度もやって本部長までの決済を仰ぐという。

 

結局アンドレイは、道警銃対課の幹部警察官や稲葉の偽証により捏造事件の犠牲になり懲役2年の実刑判決を受けている。

後に稲葉は死んだ方川一人にすべての責任を押し付ける幹部たちの態度に怒り、獄中から幹部たちを告発しアンドレイ事件の詳細を証言している。

  

2000年に「泳がせ捜査」の名目で道警銃器対策課が主導し函館税関の協力で石狩湾新港に荷揚げされた違法薬物は、1回目は香港から覚醒剤130キロ(40億円)、2回目はシンガポールから大麻2トン(60億円)である。

S(元暴力団幹部石上)の計画と関東の暴力団の話にのった道警銃器対策課と函館税関小樽支所が画策したことなのだが、つまり暴力団と警察と税関がコラボレーションし「泳がせ捜査」の名のもとに大量の違法薬物を密輸入したのである。

 

これらは拳銃200を中国人に密輸入させて身柄つきで200丁もの銃を摘発するために、大量の拳銃が欲しい道警の銃器対策課が大量の覚醒剤、大麻が欲しい暴力団と手を組んで画策実行したことである。

 

「泳がせ捜査」といえば聞こえはいいが、銃対課の数字の実績を挙げるためと、警察庁からの1丁あたりいくらという予算をとるために海外から大量の銃を手に入れるための捜査であるから、最初から道警主導の単なる「拳銃の密輸入計画」である。

 

道警の幹部たちが暴力団に調達を依頼した銃を密輸入するために、その見返りとして先に暴力団側にに覚醒剤と大麻を与えるために道警が先頭に立ち税関グルになって違法薬物を密輸したのである。

最終的に「覚醒剤」は暴力団を手玉に取り失踪した道警のSを介して、「大麻」は関東の暴力団を介して国内にすべて流通させてしまったのである。拳銃200丁の話は暴力団と道警をだしぬき覚醒剤をまんまと手に入れて失踪した道警のS(元暴力団幹部)の「架空のハナシ」だったのである。

 

何の成果も得られず、税関に2回も大きな借りをつくった道警はその恩に報いるために2001さらに新たな事件を捏造した。ロシア船に拳銃を仕込み、それを函館税関小樽支所に摘発させたのだ。常時数十丁の拳銃が手元にあった稲葉がそのうちの20を提供しロシア船に仕込み税関が押収したのである。

 

稲葉氏の証言による道警銃器対策課の非常に悪質でかつ間抜けな事件なのだが、稲葉事件が発覚しなければもともと表面化しなかったことでもある。

警察と暴力団との昔からの「緊張関係」と同時に「信頼関係」を考えると、全国の警察で表面化していない類似のケース(内容や程度は違うだろうが)が相当あるのではないか。

 

稲葉事件が発覚したあと摘発できる情報を持っていても敢えて暴力団やマフィアの小樽港でのビジネスを野放しにし、道警が手を下さなかった理由は適正な捜査をすれば稲葉事件の規模が拡大してしまうからである。

税関や道警の不作為や関与立証してしまう捜査はあえてしないのである。

小樽港でのでっち上げ事件や違法捜査に関わった税関職員は稲葉事件の陰に埋もれてしまいまったく追及されていない

事件発覚以後に税関職員の人事異動がさかんに行われたという。

  

2001年の大阪府警による札幌発大阪のトワイライトエクスプレス号の個室での10丁の拳銃押収事件は稲葉がパキスタン人を経由してロシアマフィアから仕入れ、渡辺が暴力団組員に売った拳銃だった。その銃を組員が空路で先回りし「京都で回収」の予定が手違いで客室に鍵がかかってしまい入られなくなった組員が取引した銃を回収できず、そのまま逃走した。後に暴力団組長と組員13人が逮捕されている。

実はこの事件にも裏があり、道警が自分の管内で押収すると渡辺たちSが危険にさらされるのと、稲葉を頂点とする「事件捏造システム」がバレるのを防ぐために道警の銃器対策課が大阪府警の銃器対策課にあえて情報を提供した結果である。

 

この事件では稲葉以外に渡辺たち捜査協力者を動かしていた警察幹部がいることを示唆しているが稲葉自身の告白によればトワイライトエクスプレス事件での関与も強く否定している。それが事実とすれば別の銃対課の道警幹部Sを使っての拳銃の密売に深く関わり直接犯罪を指示していたということになる。

 

ある大阪府警の関係者によると、家宅捜索の時に組事務所から「○○県警に○丁」という走り書きのメモが押収されていたという。

2001年のことだが暴力団が警察の注文を受けて拳銃を手配していた可能性を示している。

道警だけでなくどこかの県警も拳銃の押収実績づくりのために暴力団に依頼して拳銃を調達していたのではないか。

「そんなことがあるわけがない。」と常識的には一笑に付される想像なのだが、笑いながら顔が引きつりそうである。


 6.( もう一冊の「稲葉事件」) [警察の組織犯罪]

6.  ( もう一冊の「稲葉事件」)

    

当時もう一冊「稲葉事件」を扱い、本としては曽我部氏より2カ月早く著者の勤務する出版社ではなく講談社から出版されている、織川 隆(ペンネーム)北海道警察 日本で一番悪い奴ら』がある。

 

警察を「信じて疑わない人」や「想像力の欠如した人」には信じがたいタイトルかもしれないが、正しいタイトルである。「事件の本質を考えればタイトルから「北海道」を削除してもいいだろうと私は思う。

犯罪を取り締まる機関がその権力をバックにして重大な組織犯罪を犯していたのだから、その犯罪の規模と隠蔽の小細工からもみても当時の道警は「日本で一番の悪党」であったことは間違いない。数名の幹部たちが自ら説明することなく逃げきりめでたく定年を全うしたことを考えると、現在の道警もいまだに悪党の影を引きずっているのかもしれない。

 

この本を積極的にとりあげなかったのは、稲葉事件の重要な証人の変死についての検証、考察が少なかったことや稲葉事件に対する当時のメディアの消極的な対応の状況がほとんど書かれていないし、道警だけの問題ではなく全国の警察組織に共通する問題である可能性についてもまったく触れていないからである。

 

証人から元妻への10の手紙全文の内容がそのまま掲載されている。渡辺の怪死を検証する重要な資料になるはずである。この様な手紙を全文そのまま掲載する目的は疑惑の死を検証するためなのだが、親族の言葉だけで積極的に検証がされていないように見える。

曽我部氏はこの渡辺の手紙が先入観予断の原因になるとしてあえて掲載していない。

生前の悪行が死んだことによって消えるわけではなく、遺族の側の身内への思いによるある種の「美化」を排除するためである。

 

この本で特に気になる事件の闇のひとつ「証人の死」に関してだが、

遺族の側による「司法解剖」の申し出を拘置所側は許可したのだが、遺族側がやらないだろうとみていたか、もしそうなった場合でも拘置所側は「事前に抜かりなく」対応する可能性もあるので、「司法解剖を遺族に許可したこと」が自殺と判断する根拠にはならないと私は個人的にそう考えている。

織川氏が拘置所側の立場を代弁しているようにさえ見えてしまったのだが。

  

「公安さん」に様々な場面で小細工をされ虐められ続けて、物事を疑ってかかるクセがついてしまった私はついつい考えてしまうのである。

「全国の警察組織が共通して内部に抱えている問題を稲葉一人と道警だけの責任(実際には責任らしい責任をとった幹部は一人もいない)で一件落着させる、まさか「警察」という組織そのものを守るための手の込んだ後方支援の本ではないと思うが。」

数年後に出版された関連本のタイトル極悪警部シャブと警察の闇」を見てよけいにそう思うようになったのだが、私の考えすぎ、深読みしすぎかもしれないしあるいはただ単純に著者の掘り下げ方が浅いのでそう見えるのかもしれない。

 

私の読み間違いならば、かえって歓迎すべきことで、私の置かれている立場からも警察の真実(秘密の公安警察)を白日のもとに晒してくれる一人でも多くの「アンタッチャブル」に切り込むのジャーナリストの登場を誰よりも願っているのだから。

 

ちなみに本のタイトルだけは公安(公安警察や公安調査庁)悪質さに鑑み私のブログのタイトルの参考にさせていただいた。

 
 

最近「外事警察  その男に騙されるな」という日本映画が公開されるようである。公安警察を過激なタイトルで告発している人間はほとんどいないので私のことを匂わしているのかなと思ってしまう。「その男」というのも気になる表現である。なぜ「あの男」ではだめなのだろう。「STの苗字を知っている人は何かを感じるかもしれない。被害妄想になるのでこれ以上は言わないが。もちろん内容は別の話だろう。

善意の協力者が多数登場するそうなのだが、組織的なストーカーの最大のポイントも「協力者」であり、協力がなければ組織的なストーカー犯罪は成立しないのである。

 

外事3課の仕事ぶりは「漏洩事件」で都合よく広く知られる事となったが、真実はドラマや映画で描かれるような公安にとって都合のよいきれいごとだけではない。

国内での活動は単純な監視活動などではなく積極的な犯罪行為が厳然としておこなわれている。公安(特に公安調査庁)が危険団体の情報収集調査が仕事のようなイメージができあがってしまっているが大きな間違いである。世間で思われているよりもかなり積極的な機関のようである。

 

邦画はもうあまり観ないがサブタイトルが気になったのでついとり上げました。

制作する必然性もない映画で、主役を「大根」が演じている公安警察御用達の映画がヒットするはずもなく、私なら金をもらっても観ない。

 

どうせ「おすぎ」が何年か前に言っていた「ゴミみたいな映画よ」が邦画界にまたひとつ増えることになりそうだ。

 

私の言うことが嘘かホントかレンタルになったら確認するのもひとつの方法です。

ただ世の中には変わり者がいて脳みその回路が一部ショートしているのか、ゴミ映画にも感動するバカタレもいるので・・・・・。

 

私個人としてはお金と時間の無駄だと思うのでお奨めしないが。

  やはり1週間でゴミになったようです。ご愁傷さまです。≫ 
  

暴力団と渡り合うには対等かそれ以上の剛腕刑事でなければ務まらないだろう。ニュースなどでも容疑者連行の場面でどちらが暴力団かわからないごっつい顔強面の刑事をよく目にする。覚せい剤の常習は珍しいだろうが暴力団関係の情報を得るためにも、「信頼関係」を築き持ちつ持たれつになっている稲葉と同類の刑事が全国にゴロゴロいるはずなのは容易に想像がつく。

 

確かな情報を得るために警察組織としての目溢しや犯罪と変わらない裏取引がなければ拳銃や覚醒剤など暴力団組織が絡んだ事件の捜査はやっていけないないかもしれない。稲葉に道警幹部黙認不作為による目溢しや暗黙の了解の有形無形の協力があったように。

 著者も指摘している。暴力団と警察の関係はGHQの日本進駐時代から密接であり、闇市からのし上がった「愚連隊」が「レッド・パージ」のために利用されていた時代から脈々と続いている。 全国の警察組織と暴力団がある程度の癒着構造で結ばれていなければ、とっくにヤクザという言葉は死語になっているはずだ。 

既に施行されてる「暴力団対策法」も表面上の数字では効果があったように見える。しかし実態は暴力団員が組員を名のらず顕在化してしまい、見えずらくなっているだけである。

昨年も「暴力団排除条例」が全国で施行されたが、暴力団による犯罪は形態を変えて一定の規模まで減少するように見えるが消滅することはありえない。 

暴力団関連の法律も改正する前に最初から厳しい法律にすればよさそうなものだが、掛け声ばかりが目立ちこの先暴力団が壊滅することはないだろう。

そのうち生き残りをかけて表向き組に所属しない一般人と見分けのつかない髪の毛を七・三にきちんと分けた地味な会社員ヤクザが主流になるかもしれない。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 7. (すべての始まり) [警察の組織犯罪]

7. (すべての始まり)

 

ここでは主に曽我部氏の著書を参考に「事件」の闇と警察という権力機関が何をどこまででき、何を行うのかその要点部分を紹介しよう。10年前の事件で現在のスピード感覚では古い話になるが決して風化させてはいけない事件のひとつである。

かつて警察犯罪史上最悪といわれた神奈川県警の事件が1999年にあったが、「稲葉事件」はそれをはるかに超える事件である。

 

ノンフイクション界の巨人が指摘したように、誰が読んでもまさに「すさまじい」という言葉でしか表現できない衝撃的な内容である。暴力団関係者や捜査協力者周辺、稲葉幹部達のやり方に疑惑不信感をもつ100人以上の現役警官やOB達への地道な取材に基づいた内容でもある。

  

200275日稲葉警部の捜査協力者「渡辺() 司」が覚醒剤を持って札幌市の警察署に現れた。

尿検査による「陽性反応」は出なかったので単純に覚醒剤所持による現行犯逮捕であるが、

その覚せい剤は稲葉が所持し注射や吸引で使用しているものである。渡辺はこの時はまだその事実を明らかにはしていない。

 

そもそも稲葉とは親密な渡辺が暴走をはじめたのは渡辺の借金と借金に絡む稲葉と交わした借用書をめぐる感情の行き違いが発端である。このとき稲葉は覚醒剤で既に「壊れはじめていた」。その事もあり、渡辺は稲葉との「捜査協力者の関係」から、足を洗うつもりであった。

 

借金がからんだ暴力団の「追い込み」を稲葉と道警側がけしかけたと勘違いし迫りくる暴力団の影に「消される」と思った渡辺が生き残る手段として警察に駆け込み、稲葉と道警幹部の不正や道警組織の「ヤラセ捜査」「おとり捜査」を公の場で全てを話すつもりで、捨て身の出頭を企てたのである。

 

自分と稲葉があれほど道警の捜査に貢献し幹部たちを出世させたのに、なぜ切り捨てられなければならないのか。北署に向かったのはその思いもあったようである。

当時の小林北警察署長は1997年に銃器対策課長を経験した後に異例のスピードで警視正まで出世している。渡辺の密告による銃の押収や稲葉の逮捕者なしの「首なし拳銃」の異常な押収実績のおかげである。

渡辺は北署の留置所で「小林署長を出せ!」と喚いているが直接抗議する意味もあるのだろう。

 

消される」という恐怖にかられていた渡辺は北署に向かう当日車中から携帯で知り合いの警官、記者、方川氏、元妻、暴力団関係者等に「これから実行することについて」数件電話している。これは自身が闇に葬られないために渡辺なりに考えた、証拠を残す安全策だったのではないか。生きることや道警に対しての強い執念が感じられる。

 

後に曽我部氏は稲葉事件が発覚するきっかけとなった渡辺の自爆テロともいえる突然の出頭についてこう結論づけている。

「弟のように可愛がっていた」と言いながら公判号泣するくらい稲葉に思われていた渡辺であっても、稲葉を脅迫し彼から二000万円以上の金を引き出していたという。それ以外にも渡辺はNMという人物などからも多額の借金をしていたことが後でわかった。

ひとつの犯罪秩序の中で生計を立てていた者が借金に追われ、その現実からの逃避自己の正当性を主張するために、稲葉と北海道警察を矢面に立たせようとしたことがこの事件の端緒だったということを忘れてはいけない。

 

この日渡辺が北署に出頭して逮捕されなければ、稲葉個人の犯罪も稲葉と渡辺や石上を中心とした多くの「事件捏造」や直接間接に関わった道警の幹部たちによる不正や犯罪も表面化することはなかった。

結局「稲葉事件」はなかったことになり、そして今も警察権力の威信を保ち続けて北海道警察は市民から信頼され頼りになる存在であったはずである。

もっともこういう事件があろうがなかろうが、「警察を盲信」している市民が大多数なのだが。

 

警察犯罪史上最悪の事件がほんの些細な偶然で表面化しただけである。北海道警察の内部の状況はあの当時はあのようであったのだが、では他の都府県の警察本部はどうなっているのか。今のところ表面化していないというだけのことではないのか。その可能性が全くないとは言い切れないのではないか。もしも道警のような事態になれば既にもっと上手に隠蔽しているだろうが。

 

一北海道警察だけの問題ではない」という佐野眞一氏の指摘は警察という権力組織の構造はどこも同じで、他の府県警、警視庁はいつでも「道警になり得る」あるいは既に「道警状態にある」ことを示唆している。

 

多額の借金が絡んだ感情的な行き違いによる道警の捜査協力者の自爆テロによりたまたま稲葉事件が発覚しただけのことである。これがなければ、道警の幹部たちは「稲葉警部のシャブ中」がにバレる前に「体調不良」や「自己都合」で休職か退職させ穏便に内部処理したであろう。遅かれ早かれすでにその段階にきていたのが渡辺の暴走によりその筋書きが崩れたのである。

道警のS渡辺の借金問題をめぐり稲葉も道警幹部たちも軽くみていたのがそもそもの「始まり」のきっかけである。

 

 私の個人的な考えではいずれ暴力団に消され闇に葬られる運命であったのを一部の道警幹部も知っていてあえて傍観していたのではないか。それが消される前に先に駆け込まれてしまって警察の対応が後手後手になったのではないか。協力者が内部告発するようでは最初から使えない。協力者が「警察」を裏切って証言をすることはありえず、今までもなかったことで想定外のことが起こったのである。 

さらに渡辺の北署への出頭がなければ1年後の「道警裏金問題」の発覚はおろか「不正経理」など存在すらしていなかったはずである。暴露本の出版により「」が露呈した稲葉事件そのものを隠蔽、風化させるためにあえて発覚」させたのだから。私の個人的推測ではあるが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8. ( 逮捕 ) [警察の組織犯罪]

8. ( 逮捕 )

逮捕の翌日には、なぜか渡辺の身柄は東区苗穂の札幌拘置()所に移送され、さらに警察の意図的な不作為か渡辺の黙秘によるものかは不明であるが(織川氏の本では黙秘と断定)警察の供述調書が作成されない中、札幌地裁の判事による勾留質問が行われたのは逮捕から2日後の7月7日である。

警察や検察に握り潰されずに、どうすれば判事の前で事実関係を話す事ができるか助言した人物がいる可能性を示唆しているが、逮捕歴のある渡辺は捜査の流れを知っているので最初から判事の前での発言を計画していたのではないか、そしてその計画に一枚かんでいるか、あるいは最後のひと押しをしたのがT警官なのではというのが著者の考えである。 

渡辺が稲葉のS(捜査協力者)として多くの「事件捏造」を仕組んでいたことを知っていた道警内部の警察官たちもこの時点では渡辺が「稲葉と道警」を裏切る爆弾発言をするとは誰も考えていなかった。渡辺が逮捕された際、覚醒剤の出どころを一切話してないからである。

 

彼は警察が組織力を駆使しても隠蔽できないよう、警察や検察の力が及ばない裁判所の判事の「勾留質問」に答えるかたちで、彼の目的である「稲葉警部個人の犯罪」と「北海道警察の組織的犯罪」を公の場(判事の前で)に晒す事が一応できたのである。

 

判事の前での渡辺の発言をきっかけに稲葉はその3日後に逮捕されるのだが、家宅捜索は1週間以上も後からで、しかも稲葉の主たる居住先のマンションは20日以上も経ってから捜索している。道警にとって都合の悪いものが出てきたらまずいので共犯者に時間的猶予を与えたのである。この時点では推察される共犯者が実際にいたかどうかも明らかにはなっていない。信じがたいことに家宅捜索をしたのが道警本部の薬物対策課や、銃器対策課など生活安全部捜査員たちである。証拠隠滅や共犯者の隠避が疑われてもしかたのない状況である。

 

ガサ入れで押収した覚醒剤は報道では93gであるが、著者もウラはとってないが信憑性のある現役警官からの逆タレ込みでは1.2kg押収したそうである。

稲葉自身も逮捕前のアジトに現金と700gの覚醒剤があったと証言しているが、結局うやむやになっている。

100gで末端価格が600万円、使用分量は4000回分。93gだけでも幹部警察官による「覚醒剤の密売」が導き出される。

 

道警は当初事件を意図的に小さくするために、渡辺の「覚醒剤所持」と稲葉の「覚醒剤所持、使用」を全く無関係の別の事件として扱っていた。渡辺の調書の作成段階から意図的な隠蔽作業が始まっていたのだが、稲葉が逮捕されてからはなりふりかまわぬ隠蔽工作である。

覚醒剤の押収量も当初は0.44g監察官室は発表していたが通信社の記者に追及されて隠しきれなくなって公表したのが93gで、「使用」と「密売目的」では幹部警察官の犯罪としての悪質性が全く違うのである。

 
 問題なのは覚醒剤の量などではなく、マスコミが察知しなければ発表しない、既に知られている情報は発表するが、知られていない事実は事件に関連した重要な事でも自らすすんであえて発表しないという道警の姿勢である。
 

逮捕された稲葉の供述調書もあまりにお粗末で支離滅裂であった。隠蔽しなければならないほど、警察組織全体に影響をおよぼす大変な事態になっていることを道警の幹部たちが承知していなければこんな調書は作成されないとある。

泥棒の仲間がその泥棒の調書を作るようなものだから当然信用できない内容であろう。

 

覚醒剤の押収量の隠蔽も通信社の一人の記者の猛烈な取材で明らかになったのだが、気になるのは「小ネタ」のために無関心を装う他のマスコミの姿勢である。

警察という強大な権力機関の事実隠蔽に対してマスコミ各社はをむくどころか、より穏便な方向へと向かっている。』『各社の反応はあまりにも寛容でおとなしい』『マスコミ各社は敢えて道警に騙されている』と著者は表現している。

 

この事件の発覚の際の地元紙の扱いはどうなのか。

2002710日道警生活安全部特別捜査隊の班長である稲葉警部の覚醒剤使用が発覚の際北海道新聞の一面は鈴木宗男斡旋収賄罪で起訴されたことであり、稲葉の事はかろうじて社会面の一面で報じられている。

ほとんど北海道のローカルな事件扱いで新聞報道の扱いは予想外に小さかった。

また日本ハム球団の本拠地が札幌ドームに移転が決まり記者会見が札幌ドームで行われたのも稲葉警部逮捕の日だった。

 

偶然なのか意図的に報道する記事の選択をしたのかはわからないが道民の関心の高いニュースが同日に集中している。北海道でさえこういう報道のされかたなのだから北海道以外では当時はこの事件のことを知らない人がほとんどだろう。

 

現役警部宅から「覚醒剤100g押収」の報道で道警本部激震していた日、警備畑出身の上原美都男道警本部長は夏季休暇の知床旅行中で最後まで休暇を全うした

この本部長、後に辞任することになるのだが稲葉事件が理由ではなく20037月の天皇の北海道行啓の際の警護で「御召車」へのイカレタ男が車で突進した際の白バイの接触事故が原因で辞任したのである。稲葉事件では最高責任者でありながら警察庁長官による訓戒程度の処分で済んでいる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 9. (モンスター) [警察の組織犯罪]

9. (モンスター) 

  

昔の事で今はそんなことはない、あるいは特異な人物の特異な事件という人もいるだろう。「事件」の事すら知らない人がほとんどかもしれない。では過去の事件にすぎないと考えている人は当時は「警察」をどう考えていたのだろう。あの事件が表面化していない時点での話である。見えないところでは道警はとんでもない事態になっていたのにノー天気な市民は今も昔も警察に全幅の信頼を寄せていたのである。

稲葉事件当時も公安の協力者たちは私の訴えることよりも犯罪集団公安のいうことを信じるのである。

 

今現在だって表面化していないだけで「道警稲葉状態」の県警があるかもしれない。私のまわりでも協力者を含め、それでも決して「警察」を疑うことをせず「ケーサツ」をありがたく頭から信じている想像力の欠如した無知な「いなかモン」ばかりである。

警察や警察官の不祥事は年間に山ほどある。大きな問題であり由々しき事態である。しかしまだ許容範囲である。「人間だもの」。

本当の問題は警察がその権力を背景にして組織的に犯罪を行っていることだ。

 

私は公安(公安警察公安調査庁)を口汚く罵っているがそれでも相当控えめである。国家権力がやる事は警察ときいただけでなんでも協力するおめでたい市民の想像を超えるものである。

私がやられている組織的なストーカー行為は、単純な偶然を装ったものだけでなく説明しても信じてもらえず、体験者にしかわからない説明困難な事象もあるのだがこのことは当事者である「公安の担当者」がはっきりとお互いに認識している事でもある。

ごく一部の当事者しか知らない真実なので連中は高笑いしているだろうが。

 

私に対する弾圧が巧妙にどの程度のことまで行われているか、あるいはネット上の創価や公安の「被害者」と称し自作自演(なぜあれほど大量の偽物同志がリンクしあって病気の様な被害者のふりをしているのか。)をしている惨状も含め、今は表面上は穏やかなので気付くことはないだろうが、もしも一部の本物のジャーナリストたちが「真相」を万一でも知る機会があるならば、腰を抜かすような状況になっていることに気がつくかもね。私の目の黒いうちは無理かもしれないが。それでもいつか必ず「腰を抜かす日」が来るはずである。

 
 

週刊ポスト連載の427日号「化城の人」のなかで創価の布教活動に伴う狂信的暴力的な一面、そして日本共産党との関係についても書かれている。

 

攻撃的熱狂的で「嘘も言い続けていれば真実になる」という絶対的な親分の言葉を信じ現世利益追求のこの団体がネット社会の今の時代ならネット上でどういう活動を行うのか想像に難くない。

 

公安警察による自称被害者がなぜ創価工作員なのか、共産党との関係がヒントかもしれない。対立構図のからくりを念頭において考えなければならないが。

 

「化城の人」は創価の清濁両面をかつてないほど公正に丁寧に検証した画期的な本になるかもしれない。同時に結果的にXデー後の創価擁護の本になる可能性もある。

一番悪いのは3代目親分だけなのだと。

 
   「稲葉事件」の稲葉圭昭元警部とは、北海道門別町出身で札幌の北海高校から東洋大に進学し、どちらもスポーツによる推薦入学で、道警の警察官に採用されたのは柔道による体力採用であった。柔道の腕前はずば抜けており、どんなに腕っぷしが強い暴力団組員と喧嘩になっても稲葉に勝てる者はいなかったといわれている。本来なら彼こそ警察官にふさわしい人物だったのかもしれない。拳銃や覚醒剤の摘発により80以上も本部長賞を授与されているエリート警察官といわれていた。しかしその実体は、 

札幌市内に3戸のマンションを所有し、他にマンションを1棟所有し道警から捜査用と称して更にワンルームマンション2か所与えられ、シボレーポルシェに乗り、ハーレー・ダビットソンを3台所有し、銃器対策課の婦人警官刑事2人愛人にし同時に3人の愛人(織川氏の本では8)を持ち、ススキノの暴力団の組長からは「兄弟」とよばれ組員からは「親父」とよばれた暴力団の幹部のようなシャブ中の現役警部が、市民を守り法律のもとに正義を実現する北海道警察に所属し、道警本部にはまともに出勤せず、フレックスタイム制とうそぶき、警察手帳を持ったヤクザがその権威をちらつかせてススキノの飲み屋に出入りし、捏造捜査で拳銃や覚醒剤をSに密輸させ自らも密売し使用していたのである。

 

とこういう風に簡単に書いてしまうと、稲葉元警部の悪党ぶりだけが際立ってしまうのだが、

しかしこのモンスターを生み、そして育てたのは北海道警察という警察組織であり、「ヤクザの親分のような生活をしていたあぶない稲葉」を黙認していた道警の幹部達は稲葉の「首なし拳銃」の押収実績により出世し自らも違法捜査に関わっていたのにほとんど責任も取らずに稲葉だけに責任を押し付けて決着を図ったのである。

いや幹部の中にひとりだけ責任とって自殺した(させられた)人物がいる。「方川東城夫(かたがわとしお)警視」である。

 

本当のモンスターは実は稲葉ではなくその気になれば人間を「生かす」ことも「殺す」こともできる「警察という権力組織」である。

 

後に(稲葉の論告求刑の前に)、責任を感じたかどうかは不明だが当時の銃対課長のI氏が自己都合で退職している。

 

稲葉の実像については曽我部氏はこう書いている。

稲葉という人物が単純で、上司のために必死で実績を残した警察官であることには疑いの余地はない。だが、稲葉の不正による罪を一緒に被る勇気のある上司はひとりもいなかった。稲葉を踏み台にして出世していった上司は数多くいるのに、彼らは稲葉の逮捕後、必死で沈黙を守り続けている。 

稲葉の人物像をひとりの不良警官として見るのは誤りだ。稲葉は紛れもなく上司と組織によって作り出された「稲葉」という警察官を演じていたに過ぎない。

稲葉自身が警察での取調べで語っている、自暴自棄になり覚醒剤に手を出したということについて、もう一度考えてみるべきだろう。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の25件 | -